片麻痺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
片麻痺
分類及び外部参照情報
ICD-10 G80.2, G81
ICD-9 342-343, 438.2
MeSH D006429
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

片麻痺(へんまひ、かたまひ、hemiplegia)とは、一側性にみられる上下肢の運動麻痺。いわゆる半身不随の状態といえる。

不完全な麻痺(障害が部分的であるか、筋力低下にとどまる)を不全麻痺(ふぜんまひ、paresis)と呼ぶ。原因となる障害部位は大脳皮質及び内包脳幹部から脊髄まで多岐にわたる。原因疾患も脳内出血脳腫瘍脊髄腫瘍など様々な原因がある。なお、クモ膜下出血では片麻痺のような局所的障害よりも全般性の障害がでることの方が多い[1]

症状[編集]

  • 右側の片麻痺 - 失語
  • 左側の片麻痺 - 失認

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]