焼鯖素麺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
焼鯖素麺(長浜市内の料理店にて)

焼鯖素麺(やきさばそうめん)とは滋賀県長浜市周辺の湖北地方に伝わる郷土料理鯖素麺(さばそうめん)とも呼ばれる。

農繁期である5月に、農家へ嫁いだ娘を持つ親が忙しい娘を気遣い、実家から嫁ぎ先に焼を届ける「五月見舞い」という湖北地方独特の習慣に由来する。農繁期に気軽に作って食べられる料理として、また客をもてなす際などのハレの料理としても伝えられてきた。湖北地方は内陸に位置するが、比較的近い地域に若狭湾という鯖の産地があるため、鯖は一般的な食材であった。

もともと家庭料理であるが、最近では長浜の名物料理として観光資源化する動きがあり、観光客向けに焼鯖素麺を出す料理店も増えつつある。

作り方[編集]

家庭によって味付けや作り方には細かな違いがある。

  1. 焼鯖を甘辛い出汁で柔らかくなるまで煮込む。
  2. 1の煮汁で素麺を煮る。
  3. 素麺の上に焼鯖を乗せる。
  • 濃い味付けであるため、主食としてよりもご飯のおかずとして食べられることが多い。

外部リンク[編集]