海印寺大蔵経板殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯35度48分 東経128度6分 / 北緯35.800度 東経128.100度 / 35.800; 128.100

世界遺産 海印寺大蔵経板殿
大韓民国
大蔵経経板閣の内部にある版木
大蔵経経板閣の内部にある版木
英名 Haeinsa Temple Janggyeong Panjeon, the Depositories for the Tripitaka Koreana Woodblocks
仏名 Temple d'Haeinsa Janggyeong Panjeon, les dépôts des tablettes du Tripitaka Koreana
登録区分 文化遺産
登録基準 (4), (6)
登録年 1995年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
海印寺大蔵経板殿の位置
使用方法表示

海印寺大蔵経板殿(かいいんじ・だいぞうきょうはんでん、해인사 대장경 판전、ヘインサ・テヂャンギョンパンヂョン)は、大韓民国南部の慶尚南道陜川郡伽耶面にあるユネスコ世界遺産(文化遺産)。

概要[編集]

海印寺[編集]

海印寺해인사、ヘインサ)は、新羅時代の僧侶義湘802年伽耶山山中に建立したとされる。「海印」と言うのは三度たたけば願う品物が出る竜王の印を意味する。昔にこの寺に保管されていたと伝わる。高麗時代にに攻め込まれたのを始め、何度か火災に見舞われる。現在の本殿は1817年に再建されたものである。高麗八萬大蔵経版がある所なので「法宝寺刹」と呼ばれる(法宝は三宝の一つ)。

主な建築物[編集]

大寂光院
  • 大寂光院(本殿)
毘盧遮那仏本尊として奉る。
  • 蔵経板殿(大蔵経経板閣)
高麗八萬大蔵経版木を収蔵する庫で、最も古い建物(1488年)である。
  • 九光楼

高麗八萬大蔵経[編集]

仏教の経典の総集。高麗八萬大蔵経は、現存する大蔵経でも最高のものと言われている。モンゴルからの侵攻の危機にあった高麗が、国家繁栄を願い1236年に版木製作に着手。15年の歳月をかけ1251年、当時の都のあった江華島で完成した。1398年に版木は海印寺に移された。2004年現在、海印寺の板殿(大蔵経経板閣)に納められている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg 大韓民国の世界遺産
World Heritage Sites in the Republic of Korea

文化遺産
石窟庵と仏国寺 | 海印寺大蔵経板殿 | 宗廟 | 昌徳宮 | 華城 | 慶州歴史地域 | 高敞、和順、江華の支石墓群 | 朝鮮王陵 | 大韓民国の歴史的村落:河回良洞
自然遺産
済州の火山島と溶岩洞窟群
世界遺産 | アジアの世界遺産 | 大韓民国の世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、大韓民国の世界遺産に関連するマルチメディアがあります。