義湘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
義湘
625年 - 702年
義湘の画像
義湘の画像
俗姓 - 金氏、あるいは朴氏
法名 義湘
宗派 華厳宗(海東華厳宗)
寺院 浮石寺
智儼
弟子 悟真、智通、表訓、真定、真蔵、道融、良圓、相源、能仁、義寂
著作 『華厳一乗法界図』『入法界品抄記』『華厳十門看法観』『阿弥陀経義記』『諸般請文』『白華道場発願文』『華厳一乗発願文』『投師礼』ほか

義湘(ぎしょう、625年 - 702年)は、新羅の僧で、新羅における華厳宗の祖。海東華厳宗の祖ともいわれる。

生涯[編集]

貴族の出身とされる。19歳になった644年善徳女王13年)、慶州の皇福寺で出家した。26歳になった650年真徳女王4年)、同学である元暁617年 - 686年)とともに留学の旅に出たが高句麗の国境の付近で挫折。37歳になった661年文武王1年)、に留学。翌662年、唐華厳宗の第二祖智儼に学んだ。47歳になった671年(文武王16年)に新羅へ帰国。676年(文武王16年)、文武王の勅命をうけて浮石寺を建立、新羅における華厳宗の根本道場とした。また海印寺・玉泉寺・梵漁寺華厳寺‎等のいわゆる華厳十刹で教学を広めたとされ、義湘十哲といわれる悟真・智通・表訓・真定・真蔵・道融・良圓・相源・能仁・義寂など、多くの門弟を輩出した。702年聖徳王元年)に78歳で入寂した。

日本でも華厳宗の祖師として鎌倉時代の絵巻物である華厳宗祖師絵伝に描かれている。

著作[編集]

  • 『華厳一乗法界図』1巻
  • 『入法界品抄記』1巻(紛失)
  • 『華厳十門看法観』1巻(紛失)
  • 『阿弥陀経義記』1巻(紛失)
  • 『諸般請文』(紛失)
  • 『白華道場発願文』(一部現存)
  • 『華厳一乗発願文』
  • 『投師礼』