流動性 (経済学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

経済学における流動性: Market Liquidity)は、交易上の商品などの資産が、いかに容易に交換できるかを示す性質を言う。貨幣経済が主流となった今日では、貨幣そのものをさす場合もある。

概要[編集]

例えば、貨幣と商品を交換するのは容易だが、トマトを他の商品と直に交換しようとすると、破損や腐敗などのリスクや運搬のコスト、交換相手を探す手間などが余計にかかってしまう。このような資産と資産を交換する行動において、資本が損失する度合いを指して、損失の少ないものを「流動性が高い」、多いものを「流動性が低い」と定義している。これらは、資産の価値がどの程度確実性を保持しているか、資産がどの程度の規模の市場を形成しているかに依存する。

貨幣に代表される金融資産は流動性が極めて高いため、経済学において流動性とは通貨(一般にはM2+CD)を指す。ここから、資産によって現金化するために要する手間や時間に生じる差を流動性打歩(りゅうどうせいうちぶ)と言う。 証券化不動産などの流動性をある程度高める手法の一つである。

ジョン・メイナード・ケインズは、経済主体は流動性の高い資産を手元に置きたがる欲求を持っており、流動性の低い債券定期預金などを選択させるためには資本損失を補う利子などの対価を示し動機付けしなければならないという流動性選好説(Liquidity-preference theory)を提唱した。

証券市場における流動性[編集]

証券市場において投資対象を検討する際、対象となる株式債券などの収益性・安全性のほかに、流動性(市場での取引のしやすさ)を考慮する必要がある。取引所に上場されている株式については出来高が流動性の目安になる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 中山伊知郎・金森久雄・荒憲治郎 編集 『経済辞典』 有斐閣 ISBN 4-641-00202-9