沈黙の奪還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沈黙の奪還
SHADOW MAN
監督 ミヒャエル・ケウシュ
脚本 スティーヴン・コリンズ
ジョー・ハルピン
スティーヴン・セガール 
製作 スティーヴン・セガール
ピエール・スペングラー
ウィリアム・B・スティークリー 
出演者 スティーヴン・セガール
撮影 ジェフリー・ホール
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年
日本の旗 2007年1月13日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
ルーマニアの旗 ルーマニア
言語 英語
テンプレートを表示

沈黙の奪還』(: SHADOW MAN)は、2006年製作のアメリカ映画で、スティーヴン・セガール主演の"沈黙シリーズ"の第12作目である。

あらすじ[編集]

元CIA捜査官のジャックは引退して企業家として成功をしていた。ある日、娘のアマンダと義父のジョージと共に亡き妻の故郷・ルーマニアで休暇を過ごすことに。ジャックは仕事の都合により一日遅れでブカレストに到着するが、その瞬間にジョージを爆殺され、アマンダも誘拐されてしまう。その裏にはアメリカとロシアを巻き込む恐るべき陰謀が秘められていた。ジャックは娘を助け出すために動き出す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ジャック スティーヴン・セガール 大塚明夫
アーニャ エヴァ・ホープ 山像かおり
アマンダ スカイ・ベネット 恒松あゆみ
コクラン大使 イメルダ・スタウントン 定岡小百合
ハリー ヴィンセント・リオッタ 辻親八
ジョージ マイケル・エルウィン 仲野裕
ヴェンセン レヴァン・ウーチャネイシュヴィリ 立木文彦
ヴェロス イライアス・フェルキン 宗矢樹頼
ウォーターズ ギャリック・ハゴン 浦山迅

外部リンク[編集]