奪還 DAKKAN -アルカトラズ-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奪還 DAKKAN -アルカトラズ-
Half Past Dead
監督 ドン・マイケル・ポール
脚本 ドン・マイケル・ポール
製作 エリー・サマハ
スティーヴン・セガール
フィル・ゴールドファイン
ジェームズ・ホルト
製作総指揮 クリストファー・エバーツ
ウーヴェ・ショット
ランドール・エメット
ジョージ・ファーラ
出演者 スティーヴン・セガール
音楽 タイラー・ベイツ
撮影 マイケル・スロヴィス
編集 ヴァニック・モラディアン
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年11月15日
日本の旗 2003年5月10日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $19,233,280[1]
テンプレートを表示

奪還 DAKKAN -アルカトラズ-』(原題: Half Past Dead)は、2002年アメリカで製作されたアクション映画

続編として2007年製作の『奪還 2.0』(Half Past Dead 2)が存在する。

ストーリー[編集]

自動車窃盗を行っていたサーシャと相棒のニックは、ある夜取引現場に押し入って来たFBI捜査官達と激しい銃撃戦を繰り広げる。その時サーシャはニックを庇って銃弾を受けてしまい、仮死状態に陥ってしまう。だがその8ヶ月後、奇跡的にサーシャは回復し、ニックと共に刑務所に収監されることになる。その刑務所とは、数多くのハイテク装備を搭載し、再び蘇ったアルカトラズ刑務所だった。

そこでは数多くの凶悪犯罪者が収監されており、その中には伝説の金塊強盗犯である死刑囚レスターの姿もあった。彼は過去に大量の金塊を盗み出したのだったが、その隠し場所は未だに明らかになっておらず、彼自身もそのことを一切話さないまま、間近に迫った死刑執行を待っているのだった。しかし、彼から金塊のありかを聞くために「ワン(1)」と名乗る男が率いる「49」という武装組織がアルカトラズに侵入してくる。サーシャとニックは刑務所内で知り合った仲間と共に、武装組織を迎え撃とうと考える。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVDBD
サーシャ・ペトロシェビッチ スティーヴン・セガール 大塚明夫
ニコラス“ニック”・フレイジャー ジャ・ルール 伊藤健太郎
ワン/ドナルド・ロバート・ジョンソン モリス・チェストナット 咲野俊介
シックス ニア・ピープルズ 柳沢真由美
トゥイッチ クルプト 落合弘治
リトル・ジョー マイケル・“ベアー”・タリフェロ 天田益男
エル・フエーゴ刑務所長 トニー・プラナ 斎藤志郎
E・Z・ウィリアムス捜査官 クローディア・クリスチャン 一柳みる
ジェーン・マクファーソン判事 リンダ・ソーン 竹口安芸子
ソニー・エックヴォール リチャード・ブレマー 仲野裕
レスター・マッケンナ死刑囚 ブルース・ウェイツ 小林清志
デイモン・J・ケストナー看守 マイケル・マグレディ 北川勝博
役不明又はその他 佐々木敏
西前忠久
飯島肇
水落幸子
清水敏孝
上別府仁資
矢嶋俊作
重松朋
斉藤貴美子
翻訳 佐藤恵子
演出 三好慶一郎
調整 荒井孝
制作 東北新社

スタッフ[編集]

  • 監督:ドン・マイケル・ポール
  • 製作:エリー・サマハ、スティーヴン・セガール
  • 共同製作:フィル・ゴールドファイン、ジェームズ・ホルト
  • 製作総指揮:クリストファー・エバーツ、ウーヴェ・ショット
  • 共同製作総指揮:ランドール・エメット、ジョージ・ファーラ
  • 脚本:ドン・マイケル・ポール
  • 撮影:マイケル・スロヴィス
  • 音楽:タイラー・ベイツ

出典[編集]

  1. ^ Half Past Dead (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2011年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]