段玉裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
段玉裁

段 玉裁(だんぎょくさい、Duàn Yùcái雍正13年(1735年) - 嘉慶20年(1815年))は、中国清朝中期の考証学者。若膺(じゃくよう)、(ぼうどう)。江蘇省金壇県の人。『説文解字』の解釈に金字塔を打ち立てた人物として広く知られる。

生い立ち[編集]

26歳のとき挙人(それぞれの郷里における科挙受験資格試験合格者)となったが、会試(都における二次試験)に及第することはついになかった。貴州省玉屏県知県(知事)、四川省巫山県知県を歴任。30代の終わりごろ、四川省西北部で金川というチベット系部族の反乱が勃発、清朝廷はすぐさま鎮圧に乗り出した。折しもこのとき、段玉裁は争乱地帯における軍事補給基地の責任者であり、鎮圧部隊の督励に当たったが、その一方で暮夜ひそかに『六書音均表』の草稿に手を入れていたという話である。のち、46歳のとき職を辞して故郷に帰り、以後は自らの専門研究に従事した。

音韻研究[編集]

29歳のとき12歳年上の考証家戴震の知遇を得て、その門下に入った。戴震は地理数学音韻に長じていたが、段玉裁は特に音韻学においてその薫陶を受け、自らは『詩経』に見える押韻に着目した。『詩経』の押韻は、後世、中国語の変化とともに不分明になり、後世の音韻と不整合を生ずるものとなっていたが、古く代の朱熹らはこれを叶韻によって処理していた。叶韻とは、『詩経』『楚辞』などの古い韻文文学で、韻字が後世の音韻に合わないとき、発音それ自体を改変して後世の韻に合わせてしまうことをいう。しかし、このような牽強な解釈に後の学者たちは疑念を抱き、古い時代には後の世とは異なる韻が存在していたはずであると、末の陳第が『毛詩古音考』を、また清初の顧炎武が「顧氏十部表」(音学五書の五『古音表』のこと)を発表して、古代音韻の世界にも漸く新たな地平が開拓されていった。段玉裁はこれら先学の遺業を受け継ぎ、彼独自の方法論で『詩経』当時の音価を推定して17の韻目に整理していった。そしてその成果が41歳のとき、『六書音均表』として完成されたのである。

説文解字注[編集]

『六書音韻表』を世に出した後、段玉裁の研究は『尚書』『周礼』『詩経』などの経文解釈に向かうが、その最大の業績が後漢許慎が著した『説文解字』に対する注解である。

『説文解字注』は『六書音均表』と相互に関連付けられるように執筆されている。

『説文解字注』の訓読は、尾崎雄二郎監修の編訳が(全8巻予定だったが5巻まで刊)、東海大学出版会より刊行された。

関連研究には、高橋由利子『説文解字の基礎的研究 段玉裁の説文学』(六甲出版、1996年)、近藤光男『清朝考証學の研究』(研文出版、「段玉裁の学問」を収む)等がある。

著書[編集]

  • 『六書音均表』
  • 『古文尚書撰異』
  • 『詩経小学』
  • 『毛詩故訓伝定本小箋』
  • 『周礼漢読考』
  • 『説文解字注』