根本的な帰属の誤り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

根本的な帰属の誤り(こんぽんてきなきぞくのあやまり、: Fundamental attribution error)は、個人の行動を説明するにあたって、気質的または個性的な面を重視しすぎて、状況的な面を軽視しすぎる傾向を言う。対応バイアス(たいおうバイアス、: Correspondence bias)とも。すなわち、人間は人の行動を根拠なくその人の「種類」によって決定されていると見る傾向があり、社会的かつ状況的な影響を軽視する傾向がある。また、自身の行動については逆の見方をする傾向がある。この矛盾を「行為者-観察者バイアス(Actor-Observer bias)」と呼ぶ。

この用語は、Edward E. Jones と Victor Harris の古典となった実験の数年後、Lee Ross が名づけたものである。Ross は「根本的な帰属の誤り」を社会心理学の根底を成す概念であるとした。

Jones は Ross の用語について「過度に挑発的で多少誤解を招いている」と書き、また冗談で「私が最初に思いつきたかった」とも書いている。さらに後の心理学者である Daniel Gilbert らが「対応バイアス」という用語を同じ意味で使い始めた。

Malcom Gladwell は、根本的な帰属の誤りについてもの柔らかな定義をした。彼はそれを、測定された特徴から無関係な特徴への外挿であると定義した。彼が上げた例は「時間に正確な学生が、クラスに毎回出席するかとか、彼の部屋や服装がきちんとしているかには何の関係もないことを示した研究」である。この定義は動機付けの比較というよりも行動の比較を基礎としており、Gladwell は人間の本質という複雑な問題を避けた。

初期の研究: Jones と Harris (1967)[編集]

Edward E. Jones と Keith Davis の初期の理論に基づき、Jones と Harris は、自由に選択した行動を人は性格に帰し、機会によって促された行動は状況に帰すという仮説を立てた。この仮説は、根本的な帰属の誤りによって否定された。

実験対象者は、フィデル・カストロに関する賛成派と反対派の文章を読む。実験対象者はカストロびいきの作者の態度を評価するよう依頼される。実験対象者がその作者が自身の思想に忠実にその文章を書いたと信じている場合、そのような文章を書くのは当然として自然な評価をした(作者の気質に帰属させた)。しかし、Jones と Harris の仮説に反して、作者はコイントスでどちらの立場で文章を書くかを決めたのだと教えられても、評価は変わらなかった。つまり、実験対象者は作者が置かれた状況的制限の影響を認めることができず、誠実な信念を作者に帰することを抑えられなかった。

なぜ起きるのか?[編集]

根本的な帰属の誤りがなぜ起きるかを説明する定説は存在しない。1つの仮説は、誤りが主に視点に起因しているとする。我々が他者を観察するとき、観察対象者が第一の参照点となる。我々が自分自身を観察するとき、我々は焦点が自分にあることを意識する。従って、他者の行動の帰属は、我々が気づかない可能性のある状況の力ではなく、対象としている人そのものに集中すると考えられる。心理学ではこれを「顕現性(salience)」と呼ぶ。ある要因の顕現性が強いほど、行動をその要因に帰する可能性が高くなる。

もう1つ考えられる要因として、個人対共同体に関する文化的バイアスがある。個人を強調する西洋の文化ではこの誤りの影響が強く、日本や東アジア諸国などの協調的文化ではそれほど強くないと考えられる。

誤りの影響を低減するには[編集]

根本的な帰属の誤りの影響を低減する技法はいくつか発見されている。

  • 一致する情報に注意する。同じ状況に置かれた人がほとんど同じ行動をする場合、その状況がその行動の原因であると考えられる。
  • 同じ状況で自分ならどう行動するかを自問する。
  • 見えない原因を探す。特にあまり顕現性のない要因を探す。

関連する発見[編集]

  1. 認知的負荷状態にある人は、根本的な帰属の誤りに陥りやすい。
  2. 個人主義的文化が集産主義的文化よりも根本的な帰属の誤りを助長するという主張を裏付ける証拠がある。より個人主義的な社会の住人は、根本的な帰属の誤りを犯しやすい。(Miller、1984)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Heider, Fritz. (1958). The Psychology of Interpersonal Relations. New York: John Wiley & Sons. ISBN 0-471-36833-4
  • Jones, E. E. & Harris, V. A. (1967). The attribution of attitudes. Journal of Experimental Social Psychology 3, 1–24.
  • Ross, L. (1977). The intuitive psychologist and his shortcomings: Distortions in the attribution process. In L. Berkowitz (Ed.), Advances in experimental social psychology (vol. 10, pp. 173–220). New York: Academic Press.
  • Gilbert, D. T., & Malone, P. S. (1995). The correspondence bias. Psychological Bulletin, 117, 21–38. PDF.
  • Gilbert, D. T. (1998). Speeding with Ned: A personal view of the correspondence bias. In J. M. Darley & J. Cooper (Eds.), Attribution and social interaction: The legacy of E. E. Jones. Washington, DC: APA Press. PDF.
  • Gladwell, Malcom, "The New-boy network", in the New Yorker, May 29, 2000, p. 72.
  • Miller, J.G. (1984). Culture and the development of everyday social explanation. Journal of Personality and Social Psychology, 46, 961–978.
  • Gleitman, H., Fridlund, A., & Reisberg D. (1999). Psychology webBOOK: Psychology Fifth Edition / Basic Psychology Fifth Edition. W. W. Norton and Company, Inc.