統制の所在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

統制の所在(とうせいのしょざい、: locus of control)またはローカス・オブ・コントロール(LOC)は、行動や評価の原因を自己や他人のどこに求めるかという教育心理学の概念。

  • 制統の所在が内側 - 良くも悪くも自分のせいと考える。テストで良い/悪い点を取ると、自身の努力や能力を褒める/責める。
  • 統制の所在が外側 - 良くも悪くも環境のせいと考える。テストで良い/悪い点を取ると、テスト内容や教師の質を褒める/責める。