板倉文忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

板倉 文忠(いたくら ふみただ、1940年8月6日 - )は、愛知県豊川市出身の、日本の工学者である。専門は情報通信工学

略歴[編集]

業績[編集]

専門は音声情報処理、デジタル信号処理。1967年自己回帰過程の漸近的最尤スペクトル推定による音声分析合成方式の発明、1969年偏自己相関係数(PARCOR)方式の発明、1973年最小予測残差による音声認識の提案、1975年線スペクトル対(LSP)による音声分析合成方式の発明と携帯電話等への応用などの業績により、電子情報通信学会日本音響学会から多数の論文賞、業績賞、功績賞を受賞。電子情報通信学会フェロー、名誉会員、IEEEフェロー。2003年春紫綬褒章、2004年度の朝日賞[1]、2009年のC&C賞等を受賞している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]