朱雀大路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平安京復元模型の朱雀大路。手前は羅城門。(平安京創生館

朱雀大路(すざくおおじ/しゅじゃくおおじ)は、古代東アジアにおける都内の大路で、条坊制の都市において宮城・官衙の正面から南方に向かう道の事。名称は南方の守護神である朱雀に因む。

中国王朝時代条坊制に基づいた長安に始まり、冊封制度により周辺諸国に波及。日本にも遣隋使遣唐使を通じて条坊制が伝わり、最初の整備都市藤原京造営時に採用された。 しかし、当時の持統天皇は朱雀大路の役割を理解せず、2、30メートル程の小路に造ってしまった。そのため人の行き来が窮屈になり、その上天皇への閲兵式、凱旋行進が出来ない状態となった。

後の平城京平安京はこうした欠陥をなくし、数十メートル単位の大路に造営。都を南北に走り、首都正門羅城門に始まり、大内裏正門朱雀門に終わる。平城京の朱雀大路は幅約75メートルあったという。

しかし律令制の崩壊、朝廷の没落に伴い次第に市街地の整備もされなくなり、都の中心も東へ移動し既に朱雀大路は中央通りとしての役割を果たさなくなった。

大宰府においては政庁地区から伸びる中央南北大路の事を平城京平安京の例に倣い朱雀大路と呼ぶ事もある。

中国でもの時代に入ると条坊制に基づいた都は余り作られなくなり、朱雀大路も見られなくなった。

関連項目[編集]