服部保長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

服部 保長(はっとり やすなが、生没年不詳)は、戦国時代忍者および武将服部氏の当主。諱は正種ともいう。千賀地保遠の子。千賀地保元服部正成の父。

経歴[編集]

いわゆる、初代服部半蔵(「半蔵」ではなく「半三」と記した記録もある)。 伊賀の忍者には服部氏族の子孫である「千賀地」「百地」「藤林」の三家があったが狭い土地において生活が逼迫したため、その中の一家である千賀地家の保長は旧姓である服部に戻して伊賀を出て室町幕府12代将軍・足利義晴に仕える事となる(北面武士就任の説もある)。

だが当時は室町幕府の衰退期であり、保長は見切りをつけて三河に赴き松平清康に仕える事となる。以上が通説であるが、詳細は不明である。また、松平家も清康の代には大きく伸長したが「森山崩れ」を境に一気に衰退、その間の保長の動向も不明である。

千賀地氏城に関する伝承によると、上記の伝承とは逆に、足利義晴に仕えていた服部保長が伊賀に戻って、千賀地氏を名乗った事になっている。

徳川家康の代に松平家改め徳川家が大きく伸長した頃には既にその子服部正成の代になっている。

登場作品[編集]

小説[編集]

関連項目[編集]

先代:
-
服部半蔵
服部保長
次代:
服部正成