新垣世璋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新垣 世璋(あらかき せいしょう、1840年 - 1920年)は、琉球王国末期から明治期にかけて活躍した唐手(現・空手)家であり、那覇手の大家である。

経歴[編集]

新垣世璋は、1840年(天保11年)那覇東若狭町に生まれた。あだ名は「猫(マヤー)・新垣」もしくは「新垣小(グヮー」と言い、位階は親雲上であった。従って、新垣の正式な呼び名は、新垣親雲上世璋である。新垣家は久米村出身ではないが、子供の頃より久米村に通って勉強していたため、久米村に友人が多かった。唐手(とうで)は鄭氏屋部親雲上(元の外間)に師事した[1]

新垣は、1866年(慶応2年)、首里崎山にあった王家別邸・御茶屋御殿で開催された冊封使節のための祝賀会で、十三歩(セイサン)、ちしゃうちん(シソウチンか)、交手(組手)などを演武しており(ウンスーを演武したとの記録もある[2])、当時すでに名の知れた唐手家であった事が覗える。また、同年、新垣は尚泰王の進貢使随員(正使・毛文彩)として、北京へ渡ったとされる。

廃藩置県後の新垣の生活がどのようなものであったのかは、あまり知られていない。新垣世璋の弟子は判然としないが、富村筑登之親雲上東恩納寛量が新垣に師事したとする説がある。

新垣派の型とされるものに、ニーセーシ(二十四歩)、ウンスー(雲手)、ソーチンがあり、本土では摩文仁賢和糸東流等に伝承されている[3]。沖縄では、宮城長順の弟子・喜納正興(剛柔流)が「私は長順先生に首里手も習うよう勧められたので、本部のウメー先生から雲手の型を教えていただきました」[4]と語っており、本部朝勇のウンスーが剛柔流の一部道場で伝承されている。

脚注[編集]

  1. ^ 沖縄の武術家 新垣小と東恩納」『琉球新報』大正3年1月24日。
  2. ^ 同上。
  3. ^ 摩文仁賢和・仲宗根源和『攻防拳法 空手道入門(普及版)』榕樹書林、2006年復刻版、75頁参照。
  4. ^ 東恩納盛男『剛柔流空手道史』CHAMP、平成13年、48頁。89頁参照。

参考文献[編集]

  • 「沖縄の武術家 新垣小と東恩納」『琉球新報』大正3年1月24日。
  • 藤原稜三『格闘技の歴史』ベースボールマガジン社 ISBN 4583028148

関連項目[編集]