政府間開発機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

政府間開発機構Inter Governmental Authority on Development、略称:IGAD)は東アフリカ各国を中心にして1996年に設立された地域機構である。

概要[編集]

1986年に、旱魃対策や食糧安全保障を目的として、政府間旱魃対策開発機構が設立された。 これに国境貿易促進や紛争抑止を機能として追加し、1996年に新たに発足したのが政府間開発機構である。 加盟国はケニアスーダンウガンダエチオピアエリトリアジブチソマリアの7か国で、事務局はジブチに置かれている。

地域内紛争への介入[編集]

ソマリア(2004年)や南スーダン(2014年)などで発生した武力衝突の調停に関与した実績がある[1]

出典[編集]

  1. ^ “南スーダン:政府と反乱軍が停戦合意”. 毎日新聞. (2014年1月24日). http://mainichi.jp/select/news/20140124k0000e030173000c.html 2014年1月25日閲覧。 

参考文献[編集]

平野克己著 『図説アフリカ経済』 日本評論社、2002年