揆園史話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
揆園史話
きえんしわ
규원사화
Gyuwon Sahwa
Gyuwon2.gif
著者 北崖子
発行日 韓国の旗 1675年
ジャンル 偽史
韓国の旗 韓国
言語 漢文
形態 写本
Portal.svg ウィキポータル 歴史
テンプレートを表示

揆園史話』(きえんしわ、규원사화)は、李氏朝鮮肅宗時代の1675年北崖子が著した偽書偽史書)[1]。朝鮮の先史時代と檀君朝鮮の歴代檀君に対して詳細に記述している。

この偽書は、写本が先に発見されたため20世紀に書かれたと見なされてきたが、後に北崖子の原本が発見され、檀君朝鮮について記す一連の偽書の中でも、比較的由来の古いものであることが判明した。1972年11月3日韓国国立中央図書館古書審議議員である李家源孫寶基任昌淳3人が珍本であることを確認した。[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 偽書論争続く「桓檀古記」~本当なら世界文明の始源が韓民族に 朝鮮日報 2009-07-04 地図画像の前後部分より引用『「桓檀古記」と類似の内容を持つ歴史書が「揆園史話」と「檀奇古史」(略)三つの本には共通点がある。▲全て20世紀以後に出版されたり知らされた。(略)▲1980年代以後、在野史学界の古代史関連主張に重要な論拠になっていると同時に教壇史学界からは偽書と見なされている』後から二段落目の後部より引用『「桓檀古記」などを偽書と見る主流学界』
  2. ^ 고평석, 《한배달》 6호, 1989

関連項目[編集]

外部リンク[編集]