捩率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

捩率(れいりつ)または捩れ率(ねじれりつ)とは、空間内の曲線の、平面曲線からの離れ具合を表す量である。これは平面曲線の曲率の空間版であり、空間内の曲線は曲率と捩率が与えられれば、向きを保つ合同変換を除いて一意に定まる。

定義[編集]

R3上の空間曲線を、弧長パラメータsで表示したものをr(s)とする。捩率\tau(s)は

\tau\left(s\right) =  - b'\left(s\right) \cdot n\left(s\right)

で与えられる。ここで、b(s) は従法線ベクトル

b\left(s\right) = r'\left(s\right) \times n\left(s\right),

n(s)は主法線ベクトル

n\left(s\right) = {{r''(s) \over |r''(s)|}}

である。'はsによる微分、\times外積を意味する。

参考資料[編集]

  • 梅原雅顕・山田光太郎 『曲線と曲面』 裳華房、2002年、ISBN 4785315318 

関連項目[編集]