懸空寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯39度39分57秒 東経113度42分18秒 / 北緯39.66583度 東経113.70500度 / 39.66583; 113.70500

懸空寺
Hanging Temple.jpg[
懸空寺全景
各種表記
繁体字 懸空寺
簡体字 悬空寺
拼音 Xuánkōngsì
注音符号 ㄒㄩㄢˊ ㄎㄨㄥ ㄙˋ
発音: シュエンコンスー
テンプレートを表示

懸空寺(けんくうじ)は中華人民共和国山西省大同市渾源県に位置する寺院。大同市中心部からは南東に約60キロメートルである。5世紀末、北魏後期に造営された、仏教道教儒教の三つを一体化した独特の宗教の寺院。懸空寺の名は「玄空閣」と呼ばれていたことに由来する。「玄」は道教、「空」は仏教の教義に由来し、断崖の途中にぶら下がる(「懸ける」の意味)ように建てられていることから現在の名に改められた。中国語では「懸」と「玄」は同音(拼音: xuán)である。

歴史[編集]

懸空寺は渾源県の県城の南5キロメートルにある金龍峡の西向きの岩壁の途中にある。北魏491年太和15年)に建造が始まった。

唐代735年開元23年)、この地に遊覧した李白は岩壁に“壮観”の二字を書き記したという。

明代1633年崇禎6年)、懸空寺を訪れた地理学者・旅行家の徐霞客(zh)は「徐霞客遊記」(巻一下 遊恒山日記「山西大同府渾源州」)にその有様を次のように活写している。

西崖之半,層楼高懸,曲榭斜倚,望之如蜃吐重台者,懸空寺也。五台北壑,亦有懸空寺,擬此未能具体。仰之神飛,鼓勇独登、入則楼阁高下,檻路届曲,崖既矗削,為天下巨観。而寺之点綴,兼能尽勝,依岩結構,而不為岩石累者僅此。而増寮位置適序,凡客坐禅龕,明窓暖榻,尋之間、粛然中雅

現存する建物は明清代に修繕されたもので、1957年に山西省重点文化財に、1982年に全国重点文化財に指定された。

特色[編集]

懸空寺には主要な建物が6つあり、これらが木製の桟道で結ばれている。建物内には多くの塑像が置かれているが、三教殿には仏教、道教と儒教の三開祖の釈迦老子孔子の塑像が一堂に並んでおり、稀有な眺めとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]