悲しいうわさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悲しいうわさ
グラディス・ナイト&ザ・ピップスシングル
リリース 1967年9月28日
録音 1967年6月17日
ヒッツヴィルUSA
ミシガン州デトロイト
ジャンル ディープ・ソウル
時間 2分56秒
レーベル Soul
プロデュース ノーマン・ホイットフィールド
チャート最高順位
テンプレートを表示
悲しいうわさ
マーヴィン・ゲイシングル
リリース 1968年10月30日
録音 1967年4月10日
ヒッツヴィルUSA
(ミシガン州デトロイト)
ジャンル サイケデリック・ソウル
時間 3分16秒
レーベル Tamla
作詞・作曲 ノーマン・ホイットフィールド
バレット・ストロング
チャート最高順位
テンプレートを表示

悲しいうわさ(かなしいうわさ、原題はI Heard It Through The Grapevine)は、アメリカポップスグループグラディス・ナイト&ザ・ピップス1967年リリースしたシングル。また、アメリカのミュージシャンマーヴィン・ゲイ1968年にリリースしたシングル。作詞および作曲は、ノーマン・ホイットフィールド(Norman Whitfield)とバレット・ストロング(Barrett Strong) 。

解説[編集]

グラディス・ナイト&ザ・ピップスのヴァージョンは、ビルボード誌では、1967年12月16日に週間ランキング最高位の第2位を獲得し、3週間その位置を保った。ビルボード誌の年間ランキングには入ることはなかったが、ビルボード誌の集計ではグラディス・ナイト&ザ・ピップスにとって「夜汽車よ!ジョージアへ(Midnight Train To Georgia)」に次ぐヒット曲と言える。

マーヴィン・ゲイのヴァージョンは、ビルボード誌では、1968年12月14日に、週間ランキング第1位を獲得。以後7週連続でチャート1位を獲得した。ビルボード誌の1969年年間ランキングでは第86位。しかしながらビルボード誌の集計においてマーヴィン・ゲイ最大のヒット曲である。

「悲しいうわさ」を最初にレコーディングしたのは、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ(Smokey Robinson & The Miracles)だったが、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズはシングルとして発売しなかった。続いてマーヴィン・ゲイがまずレコーディングし、続いてグラディス・ナイト&ザ・ピップスがレコーデイングした。シングルリリースは、グラディス・ナイト&ザ・ピップスのヴァージョンが最初だった。

参考文献 [編集]

先代:
ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス「ラブ・チャイルド」
Billboard Hot 100 1位獲得作品(マーヴィン・ゲイ・バージョン)
1968年12月14日 - 1969年1月25日(7週間)
次代:
トミー・ジェイムズ&ザ・ションデルズ「クリムズンとクローバー」