恵慈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慧聡
飛鳥時代
尊称 三宝の棟梁
生地 高句麗
寺院 法興寺
弟子 厩戸皇子

慧慈(えじ、? - 推古天皇31年2月22日623年3月31日))は、飛鳥時代高句麗から渡来した

推古天皇3年(595年)に渡来し、厩戸皇子仏教の師となった。仏教を日本に広め、推古天皇4年(596年)法興寺(蘇我善德が寺司、現在の飛鳥寺安居院)が完成すると百済の僧慧聡と住し、ともに三宝の棟梁と称された。推古天皇23年(615年)、厩戸皇子が著した仏教経典(法華経勝鬘経維摩経)の注釈書『三経義疏』を携えて高句麗へ帰国した。推古天皇30年2月22日(622年4月8日)に厩戸皇子が没したという訃報を聞いて大いに悲しみ、自らも推古天皇31年(623年)の同じ日に浄土で厩戸皇子と会うことを誓約して、言葉どおりに没したという。