恭譲王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(朝鮮語の漢字「」)が含まれています詳細

恭譲王(きょうじょうおう、1345年 - 1394年、在位:1389年 - 1392年)は、高麗の第34代国王である。第20代神宗の7代孫。はじめ定昌府院君に封じられていたが、李成桂李氏朝鮮の太祖)により高麗王として擁立された。後に李成桂に譲位し、李成桂の命で子供とともに殺された。

略歴[編集]

父は定原府院君鈞、母は国大妃王氏。妃は昌成君の娘 順妃盧氏[1]

1374年に恭愍王が殺され、禑王(辛禑)が即位した。政界では倭寇(前期倭寇)平定に功のあった李成桂崔瑩らが台頭し、対政策における対立から、李成桂は1388年にクーデター(威化島回軍)を行い、禑王の子の昌王(辛昌)を即位させ、1389年には昌王は正当な王位継承者ではない偽王として殺害し、恭譲王を擁立する。

恭譲王から李成桂への譲位を防ごうとした鄭夢周[2]らは李成桂派に殺され、1392年に恭譲王は李成桂に王位を譲り[3]、杆城に追放となる。1394年に謀叛の計画があるとして、王命による刺客により配流先の三陟で子とともに殺された。こうして高麗王朝は滅亡し、李成桂による李氏朝鮮時代がはじまる。

参考系図(高麗王第26代から34代まで)[編集]

参考として家系図を示す。赤色部分が恭譲王である。全体は高麗王系図を見られたい。

 
 
 
 
忠宣王
王璋26
忽都魯揭迷述矢
 
世子 鑑
(懿妃 也速真
 
 
龍山元子
曹国長公主金童
 
 
忠穆王 29
徳寧公主 亦憐真班
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠粛王27
(懿妃 也速真
 
 
忠恵王28
(明徳太后)
 
 
忠定王30
(庶子 禧妃尹氏)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳興君
(塔思帖木児)
(調査中)
 
 
 
 
 
 
 
釈 器
(銀川翁主 林氏)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恭愍王31
明徳太后
 
王禑32
(般若[4]
 
王昌33
(謹妃)[5]
 
 
 
益陽公
 
淳化侯
 
定原府院君鈞
 
恭譲王34
 
世子
 
 
 
 
 
 
 
瑞興君
 
 
宝城君 熙
以下多数省略
 
 
3人以下多数省略
 
 
定陽君 瑀
ほか子2人省略
 
 
 

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 恭讓王諱瑤定原府院君鈞之子神宗七世孫 母曰國大妃王氏忠穆王元年二月五日生 初封定昌府院君 辛昌元年十一月丁丑大護軍金佇與禑謀作亂事覺下佇獄戊寅遷禑于江陵
  2. ^ 李成桂の子・李芳遠(後の李氏朝鮮の太宗)が率いる軍によって殺された。具体的に殺害したのは李芳遠の部下の趙英珪。
  3. ^ 禅譲、簒奪、推挙などの表現方法の違いがある。
  4. ^ 禑王は正当な王と認められていないので、王禑もその妃にも追封がない。したがって庶名になっている。
  5. ^ 昌王は正当な王と認められていないので、王昌もその妃にも追封がない。したがってこのような名になっている。