靖宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

靖宗(せいそう、1018年 - 1046年)は第10代高麗王(在位:1035年 - 1046年)。諡号は弘孝安懿康献英烈文敬容恵大王、姓は王、は亨。顕宗と元成太后金氏の二番目の息子であり、徳宗の弟。


略歴[編集]

  • 1018年 顕宗と元成王后金氏との間に生まれる。
  • 1022年 内史令平壌君に封じられる。
  • 1027年 開府儀同三司検校太師兼内史令に任じられる。
  • 1034年 徳宗を継ぎ、高麗王になる。
  • 1039年 奴婢従母法を定める。
  • 1046年 長子相続法を定める。

家族[編集]

  • 容信王后韓氏( ?~1036年)
  • 容懿王后韓氏(容信王后韓氏と姉妹)
    • 哀傷君
    • 楽浪侯
    • 開城侯
  • 容穆王后李氏(王可道の娘)
    • 悼哀公主
  • 容節徳妃金氏(金元沖の娘)
  • 延昌宮主盧氏