志方益三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
志方益三
人物情報
生誕 1895年8月10日
日本の旗 日本東京都
死没 1964年5月8日(満68歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 電気化学
研究機関 京都大学
主な受賞歴 学士院恩賜賞(1956)
テンプレートを表示

志方 益三(しかた ますぞう、1895年8月10日 - 1964年5月8日)は日本の化学者。京都大学教授、名古屋大学教授。

埼玉県生まれ。1920年東京帝大農学部農芸化学科を卒業。理化学研究所に入り、鈴木梅太郎のもとで研究を行った。 1922年ヨーロッパに留学する。チェコスロバキアプラハ・カレル大学で、後にノーベル賞を受賞するヘイロウスキーと共に、滴下水銀電極を用いて電圧‐電流曲線を自動記録する装置(ポーラログラフ)を完成させた。志方は帰国する際、この装置を一つ持ち帰っている。

帰国後、京都帝国大学農学部教授となり、1942年満州国大陸科学院に移る。終戦後1953年に帰国し、1954年名古屋大学教授となる。1956年学士院恩賜賞を受けた。1959年に退官。