張祚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
威王 張祚
前涼
第7代皇帝
王朝 前涼
在位期間 353年 - 355年
姓・諱 張祚
太伯
諡号 威王
生年 不詳
没年 和平2年(355年
文王
皇后 辛王后
陵墓 愍陵
年号 和平 : 354年 - 355年

張 祚(ちょう そ)は、五胡十六国時代前涼の第7代君主。文王張駿の長男。

生涯[編集]

異母弟の桓王が没すると、その遺命によって甥の哀公張耀霊の輔政に任じられたが、建興41年(353年)に腹心の趙長らと謀って哀公を廃し、その位を簒奪した。後に政変で張耀霊を再び擁立する動きがあったため、これを殺害した。

初め涼州牧、涼王を称したが、建興42年(354年)に帝を称して和平と改元した。

諫言を行った馬岌を罷免し、功臣の謝艾英語版を殺害するなど、暴政を敷いて周囲の反感を買い、和平2年(355年)に一族の河州刺史張瓘と尚書僕射宋混らによって、家族もろとも殺害された。

先代:
哀公
前涼の第7代皇帝
353年 - 355年
次代:
沖王