宋応星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宋応星(そう おうせい、1590年頃 - 1650年頃)は、初に活躍した中国の学者。『天工開物』の著者として知られる。

生涯[編集]

江西省南昌府奉新県の出身。万暦43年(1615年)に郷試に合格し、その後は地方役人などを歴任した。1637年に刊行された『天工開物』は図版入りの産業技術書で、鋳造・兵器・製陶など18の項目について詳細な説明がなされている。1644年に明が滅亡すると兄はこれを悲しんで自殺、宋応星自身はその後朝に仕官せず生涯を終えた。

関連項目[編集]