子連れ狼 親の心子の心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
子連れ狼 > 子連れ狼 (若山富三郎版) > 子連れ狼 親の心子の心
子連れ狼 親の心子の心
監督 斎藤武市
脚本 小池一雄
製作 勝新太郎
松原久晴
出演者 若山富三郎
林与一
山村聰
音楽 桜井英顕 
撮影 宮川一夫
編集 谷口登司夫
配給 東宝
公開 日本の旗 1972年12月30日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 子連れ狼 死に風に向う乳母車
次作 子連れ狼 冥府魔道
テンプレートを表示

子連れ狼 親の心子の心』(こづれおおかみ おやのこころこのこころ)は、1972年12月に公開された日本映画勝プロダクション製作・若山富三郎主演の映画版『子連れ狼』の第4作。

あらすじ[編集]

刺客・子連れ狼と呼ばれる元公儀介錯人・拝一刀は胸に金太郎、背中に山姥の刺青をしたある女・雪を斬るよう尾張藩から依頼を受ける。そんな中、一刀は因縁浅からぬ柳生列堂の長男・柳生軍兵衛と立ち合いその片腕を斬り落とす。

雪の消息を探るうち、一刀は大道芸人たちの全国集団、「乞胸(こうむね)」身分の出身である雪の哀しい過去を知る。小太刀の腕を買われ、尾張藩主徳川義直に女の護衛である「別式女」に取りたてられた雪は、妖術を操る武芸者狐塚円記との立会いに負けて強姦された。雪はその雪辱を果たすべく脱藩し、追手を斬ってその髷を藩に送りつけて挑発し、円記との勝負を望んでいたのであった。一刀の眼前で雪と円記の勝負が始まる。雪は胸の刺青に注意を逸らさせて円記の術を破り、ついにこれを倒した。一刀はその悲願成就を見届けてから雪を斬った。

雪の最期をその父・仁太夫に伝えるため、雪の遺骨を持って乞胸集落に向かった一刀。仁太夫は一刀の真心にうたれ、歓待しようとするが、そこへ尾張藩の追手が現れ、仁太夫を斬捨てた。すべては裏柳生・烈堂の策謀であり、列堂は義直をそそのかして、登城した一刀を斬らせようとする。しかし一刀は義直を人質にとって、岩山へと逃げた。そこへ激しい砲撃と共に襲い来る裏柳生軍団。怒涛のごとき裏柳生の攻めに、ついに身体に刃を受ける一刀。はたして無事斬り抜けることができるだろうか・・・?

スタッフ[編集]

出演者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]