妊娠線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
妊娠線(線状皮膚萎縮症)
分類及び外部参照情報
Belly Strech Marks.jpg
妊娠線の症例
ICD-10 L90.6
ICD-9 701.3
DiseasesDB 30027
MedlinePlus 003287
eMedicine derm/406
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

妊娠線(にんしんせん)とは皮下組織にできる亀裂である。妊娠期にできた亀裂を妊娠線、それ以外で出来たものを肉割れと称されるのが一般的で、正式には線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう、英:Stretch marks または striae)と称する。

皮膚は表皮真皮、皮下組織から成り立っており、皮膚が引っ張られる状態にあると表皮は伸びることができるが、その下の真皮や皮下組織の一部が伸びにくいため弾性線維に亀裂が生じ、症状となって現れる。発生初期は赤紫の線となって現れ、次第に白色に近い色へと変色する。一度亀裂が生じるとそのまま白い筋となって残る。妊娠期の乳房思春期の急激な成長時、肥満体などで起こりやすい。[1]

発生箇所[編集]

腹部、大腿外側、臀部、乳房周囲に好発。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

周産期医学 Vol.34 no.11,2004-11 妊娠中期のプライマリ 皮膚疾患 島岡昌幸 島岡医院