大三島橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大三島橋
大三島橋
所在地 日本
鼻栗瀬戸
長さ 328m
最大支間長 297m
高さ 航路高26m
形式 単径間ソリッドリブ2ヒンジアーチ橋
素材
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

大三島橋(おおみしまばし、「おおみしまきょう」とも)は、瀬戸内海の鼻栗瀬戸に架かるアーチ橋である。しまなみ海道(西瀬戸自動車道、国道317号バイパス)の一部を構成し、伯方島大三島を結ぶ。単径間ソリッドリブ2ヒンジアーチ橋。

1979年本州四国連絡橋の橋の中で最初に開通した橋梁である。

通行料金[編集]

大三島 - 伯方島 6.8km、2010年11月現在

  • 歩行者 - 無料
  • 自転車・原付 - 50円
  • 軽自動車 - 350円
  • 普通車 - 450円
  • 中型車 - 500円
  • 大型車 - 700円
  • 特大車 - 1,250円

特記事項[編集]

  • 歩行者、自転車、原付及び125cc以下の二輪車も通行できるように、これらが共用する自転車歩行者道が設けられている。
  • 風速15m/sで自転車歩行者道の通行止め、及び自動車専用道路部の2輪通行止めと4輪が50km/h規制となる。
  • 風速25m/sで自動車専用道路部が通行止めとなる。
大三島橋

外部リンク[編集]