塩基性酸化物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

塩基性酸化物(えんきせいさんかぶつ、Basic oxide)とは、と反応して塩基を生じるかと反応してを生じる金属元素酸化物である。

[編集]

酸化カルシウムは水と反応させると水酸化カルシウムが生じ、塩酸と反応させると塩化カルシウムが生じる。

CaO + H2O → Ca(OH)2
CaO + 2HCl → CaCl2 + H2O

酸化ナトリウムは水と反応させると水酸化ナトリウムが生じ、塩酸と反応させると塩化ナトリウムが生じる。

Na2O + H2O → 2NaOH
Na2O + 2HCl → 2NaCl + H2O

酸化銅(II)硝酸と反応させると硝酸銅(II)が生じる。

CuO + 2HNO3 → Cu(NO3)2 + H2O

関連項目[編集]