堂山鉄橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2代目の堂山鉄橋

堂山鉄橋(タンサンてっきょう)は、大韓民国ソウル特別市漢江にかかる、ソウルメトロ2号線堂山駅合井駅を結ぶ全長1,360mの鉄道専用橋梁である。現在の堂山鉄橋はプレストレスト・コンクリート橋で、2代目である。

初代の橋はトラス橋で、1983年に竣工、1984年5月に開通したが、その10年後の1994年に発生した聖水大橋崩壊事故を契機に行われた緊急点検の際、建設時の手抜き工事が原因で橋梁に亀裂が発生するなど、安全上の欠陥が発覚した。1994年11月には列車の徐行運転を余儀なくされるなど欠陥が深刻化し、崩壊の危険性が高まったため、全面架け替え工事が決まった。

当初は1997年3月からの工事を予定していたが、繰り上げて同年1月1日より旧橋の撤去工事が開始された。工事が始まってまもなく、橋が自然崩壊する事故が発生し、改めて旧橋の欠陥性を証明するものとなった。工事期間中は2号線の堂山~合井間の運行が中断され、堂山~弘大入口代行バスが運転された。

旧橋の撤去後に2代目の橋が建設され、1999年11月22日に開通し、2号線の環状運行が再開された。