堂山鉄橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堂山鉄橋

堂山鉄橋(タンサンてっきょう)は、大韓民国ソウル特別市にある、ソウルメトロ2号線堂山駅合井駅を繋ぐ鉄道専用橋梁である。現在の堂山鉄橋は安全性問題のため1999年に補修工事がなされたもの。

1984年5月に開通したが、その10年後の1994年聖水大橋崩壊事故が起きた後、安全上の欠陥が発覚し、1994年11月からは欠陥が深刻になって、再工事が決まった。1996年12月31日から架け替え工事が実施され、約35ヶ月間にわたり、2号線の堂山駅と合井駅間の運行が中断された。1999年11月の工事終了までの間、弘大入口駅まで代行バスが運転された。1999年11月22日、工事終了により2号線の環状運行が再開された。