国際連合コンゴ民主共和国ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際連合コンゴ民主共和国ミッション
概要 平和維持活動
略称 MONUC
状況 活動中
決議 安保理決議1291
活動開始 2000年2月24日
活動地域 コンゴ民主共和国
公式サイト MONUC
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合コンゴ民主共和国ミッション(こくさいれんごうコンゴみんしゅきょうわこくミッション Mission of the United Nations in the Democratic Republic of the Congo)は、国際連合によるコンゴ民主共和国における第二次コンゴ戦争 (Second Congo Warの停戦監視のための平和維持部隊である。フランス語Mission de l'Organisation des Nations Unies en République démocratique du Congo により MONUC(モニュク)と略される。

国際連合安全保障理事会決議1291により1999年11月に設立、2000年2月24日に活動を開始した。当初予定規模は16,700名、2007年においても16,640名と大きな変化はない。派遣国は、アフリカ以外の国も含め50ヶ国以上。キンシャサに本部を置き、コンゴ民主共和国及び周辺国の首都に展開し、国連要員や市民の防護、治安の回復、反政府勢力の武装解除、民主的な法秩序の整備などを支援する。過酷な条件下のため、2007年までに病気、事故、敵対行為などで113名が死亡している[1]

対応する武装勢力[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]