国際連合レバノン暫定駐留軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ部隊のDAF製装甲車両 YP 408

国際連合レバノン暫定駐留軍(こくさいれんごうればのんざんていちゅうりゅうぐん、United Nations Interim Force in Lebanon)は、1978年3月19日に採決された国際連合安全保障理事会決議425に基づき、国際連合によって組織された部隊である。しばしばUNIFILとの略称で言及される。日本のメディアにおいては、国連レバノン暫定軍国連レバノン駐留軍との名称も用いられている。

概要[編集]

レバノンからのイスラエル軍の撤退を監視し、レバノン政府の統治体制を安定化させることを目的としている。部隊の第一陣は1978年3月23日第二次国際連合緊急軍(UNEF II)および国際連合兵力引き離し監視軍(UNDOF)の部隊の一部を転用する形で編成された。

1982年にイスラエル軍がレバノンに進行した後には、南レバノンにおけるレバノン市民への食料と医薬品の供給を主な任務とした。1985年以降、イスラエル政府はレバノンの部隊を漸減させる政策をとったが、ヒズボラ掃討の為に1993年1996年および1999年にそれぞれ大規模な侵攻作戦を展開した。この際、暫定軍は反撃能力・権限を持たない為、難民キャンプを支援している所を、しばしばイスラエル軍の標的とされた。

2006年1月に行われたレバノン政府からの要請により、同年7月に終了する予定であったUNIFILの任務は、7月のイスラエル軍侵攻によって延長されている。

任務[編集]

UNIFILの主要な任務は次のものがある。

  • 南レバノンからのイスラエル軍部隊の撤退の監視
  • 国際紛争の防止
  • 同地域におけるレバノン政府の権威回復を補助する

これらに加え、2006年の侵攻を受け、レバノン軍を唯一の軍事組織とすることを助けるとの目的が加わった。これはヒズボラの武装解除を意味しているが、アメリカ合衆国が主張した軍事的強制力は伴わない。

展開中の作戦[編集]

UNIFILは現在、イスラエル軍とヒズボラとの間の兵力引き離し任務にあたっている。この他には、地雷の撤去、難民保護、人道援助の供給などを主な任務としている。

組織は2006年4月30日時点では1991人の兵士と50人の国際連合休戦監視機構(UNTSO)監視員、390人の文民で構成されている。[1]

部隊を派遣している諸国は、中華人民共和国フランスフィンランドガーナインドアイルランドイタリアポーランドである。年間予算は1億ドルに達する。司令官はベイルート駐在のフランス駐在武官およびフランス情報部の中東局長であった、フランス軍アラン・ペジェグリニ少将が務めている。

2006年7月まで、部隊には261人の死者が発生しており、そのうち12人は文民であった。

イスラエル軍はUNIFILの存在を快く思っておらず、その安全に対してほとんど注意を払っていないとの報道が存在する。[2][3]

イスラエル軍がこのような態度をとっているのは、2000年10月に発生したヒズボラによるイスラエル軍兵士の誘拐事件において、UNIFILが消極的な姿勢を見せ、さらには共謀さえしたのではないかとの疑念が元となっているとされる。国際連合は調査報告において正式にこの疑問を払拭しているが、イスラエルにおける疑惑は晴れていない。[4]

2006年7月に開始されたイスラエル軍によるレバノン侵攻に先立って、イスラエル政府はUNIFILがヒズボラに対してより強硬な姿勢をとるか、それが不可能であるならば同地域から撤退するようにとの要請を国際連合で行っている。[5]

イスラエル軍の侵攻が開始されると、UNIFILの活動はほぼ不可能となっており、より強力な武装をした平和維持軍部隊(PKF)を派遣するべきだとの意見が提出されている。紛争は1ヶ月で停戦に至ったが、イスラエルのエフード・オルメルト首相は、国際連合に対して、レバノン私兵組織の武装解除を定めた決議1559の遵守を要請しており、これを停戦の主要条件であると表明している。

停戦後、犠牲が増えることを嫌い、200名程度の工兵部隊の派遣に留めたフランスに代わり、イタリアが2000人規模で派兵を行っている。2007年3月には、指揮権がフランス軍からイタリア軍へ移譲される予定である。

イスラエル軍からの攻撃[編集]

UNIFILの発表によるとこの他数十カ所の駐屯地が主にイスラエル側からの攻撃にさらされているとされる。[6]

  • 7月16日にはインド軍兵士が死亡した。[7]
  • 7月24日にはイスラエル軍戦車の攻撃によってガーナ軍兵士が負傷した。また、道路補修にあたっていた中国人技術者が負傷している。[8]
  • 7月25日にはオーストリアカナダ、中華人民共和国、フィンランド人の停戦監視要員合計4名がUNIFIL施設を攻撃したイスラエル軍によって殺害された。現地時間午後1時20分に開始され、合計16度の攻撃が行われた。施設から半径100メートル内に砲弾や爆弾などが合計12発が着弾し、そのうち4発が施設を直撃したと報道されている。現地の司令官はイスラエル軍に対して10度にわたり攻撃中止を要求し、さらに連絡を受けた国際連合本部においてもマロックブラウン副事務長らがイスラエル政府代表に対して要請を行ったが、攻撃は施設破壊後の救援活動中も続いた。[9]この攻撃については、コフィ・アナン事務総長によって、「攻撃は明らかに意図的な物であった」との声明が出されている。[10][11]

注釈[編集]

  1. ^ United Nations, Peace and Security Section of the Department of Public Information Lebanon - UNIFIL - Facts and Figures
  2. ^ Haaretz 11/09/2005 Israel accuses UN of collaborating with Hezbollah
  3. ^ REPORT OF THE SECRETARY-GENERAL ON THE UNITED NATIONS INTERIM FORCE IN LEBANON(FOR THE PERIOD FROM 21 JULY 2004 TO 2005年1月20日)Document S/2005/36
  4. ^ CNN, August 3, 2001 U.N. report: Kidnapped Israeli soldiers may be dead
  5. ^ Haaretz, November 9, 2005 Israel accuses UN of collaborating with Hezbollah
  6. ^ United Nations UNIFIL Press Releases
  7. ^ http://www.un.org/Depts/dpko/missions/unifil/pr01.pdf UNIFIL Press Release, Naqoura, 17 July 2006
  8. ^ http://www.un.org/Depts/dpko/missions/unifil/pr09.pdf UNIFIL Press Release, Naqoura, 25 July 2006
  9. ^ イスラエル軍のレバノン国際連合施設攻撃、6時間計16回, 読売新聞, 2006年7月27日
  10. ^ UNIFIL Untitled Press Release July 26, 2006
  11. ^ “Israeli bomb kills UN observers”. BBC News. (2006年7月25日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/5215366.stm 

外部リンク[編集]