国家最優秀職人章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国家最優秀職人賞(こっかさいゆうしゅうしょくにんしょう、Meilleur Ouvrier de France、MOF)はフランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度の技術を持つ職人に授与される称号で、その名誉は日本の「人間国宝」に相当するものと言われる。

その歴史は1913年美術評論家であり、ジャーナリストでもあったフランス人 Lucien KLOTZ (1876-1946)がフランスの伝統工芸技術を保護し、その発展を図ろうと運動を始めたことにさかのぼる。展示会を定期的に開催し、優れた技術者を表彰することを考え、政府、業界の有力者に働きかけたが、第一次世界大戦の勃発で中断。戦後、政府の支援を得て活動が再開され、1924年に第1回手工芸大展示会が開催された。 現在では、対象となる職種は料理製菓パン以外にも、宝飾品工芸品ガーデニングなど幅広く、フランス人の Art de Vivre(生活芸術)の精神にふさわしく、その数は約180職種に及ぶ。ただ一番有名なのは、「料理」であり、これまでにもポール・ボキューズジョエル・ロブションら多数の有名料理人が名を連ねている。最年少受賞者(25歳)であるギヨーム・ゴメスも料理人である。また、日本人でも、1974年辻静雄が初めて名誉賞を受賞、1986年に理容師の吉野泰央が初めて本受賞する。現在日本人の受賞者はバイオリンの製作に関して笹野光昭、菓子部門賛助会員の美ノ谷靖夫を含め4名である。

M.O.F.のコンクールは、3年に一度開催され、合格者にはフランス大統領の名において、大統領官邸であるエリゼ宮にてM.O.F.のメダルが授与され、誇りあるトリコロールカラーの襟のコックコートの着用が認められる。

M.O.F ショコラティエ部門[編集]

18名

  • エドワール・イルサンジェー Edouard Hirsinger 1997年取得
  • クリスチャン・カンプリニ Christian Camprini 2004年取得
  • ファブリス・ジロット Fabrice Gillotte 1990年取得
  • フィリップ・ベル Philippe Bel 2004年取得
  • フランク・ケストナー Franck Kestener 2003年取得

M.O.F パティスリー部門[編集]

  • アルノー・ラエール Arnaud Larher 2007年取得
  • フランク・フレッソン Franck Fresson 2004年取得
  • マルク・ドゥバイヨル Marc Debailleul 1979年取得
  • ステファン・ルルー 2004年取得
  • ジョン-ジャーク・ボルヌ Jean-Jacques Borne 1994取得
  • ローラン・デュシェーヌ Laurent Duchene 1993年取得
  • ジャン=ポール・エヴァン Jean-Paul Hevin 1986年取得
  • ステファン・トレアン Stephane Treand 2004年取得
  • イヴ・チュリエス Yves Thuries 1976年
  • パティシエ&トレトゥール(製菓・惣菜),コンフィズール&グラシエ(糖菓・アイスクリーム)2部門受賞