嘉南大シュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「嘉南大圳」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
烏山頭水庫と嘉南大圳の主な灌漑水路。
旧嘉南大圳組合事務所(台南市市定古蹟)

嘉南大圳(かなんたいしゅう、拼音: Jianán Dàzùn)とは、1930年(昭和5年)に竣工した台湾で最大規模の農水施設であり[1]日本統治時代の最重要な水利工事の一つである。

工事の経緯[編集]

日本統治時代前期、嘉義庁台南庁(現在の雲林嘉義台南等の県市)を中心とする嘉南平原地区は、灌漑設備のない農地や甘蔗農園がおよそ15万甲あり、常に日照りや豪雨さらには排水不良に悩まされてきた[1]。この問題を解決するため台湾総督府は、曽文渓濁水渓を水源として本農水施設を作ることとした[1]。設計は総督府の技師八田與一が担当した。1920年9月に土木工事を開始し、総工費5,414万円をかけ、1930年4月10日に竣工した[2]、工事は、まず当時東南アジア最大だった烏山頭ダムの建設から始まった。その後水路が開削されて曽文渓濁水渓二つの水系を接続した。

本施設の概要[編集]

烏山頭ダムで取水された後、北幹線と南幹線に分かれる。北幹線は烏山頭より北に向かい、急水渓八掌渓朴子渓を越えて、北港渓南岸に至る。南幹線は南に向かって官田溪、曽文溪を越えて台南市善化区に至る。また烏山頭ダム以外に濁水渓にも3箇所の取水口が設けられており、それぞれ林内第一取水口、林内第二取水口と中囲子第三取水口がある。林内第一取水口から取水したのが濁幹線で、旧虎尾渓の左岸に沿って南に向い北港渓に至り、北幹線と接続されている。

本施設の効果[編集]

本施設の完成により、耕地面積と水利灌漑面積は増え続け、多くの畑が水田に変わり、農作物の生産量も大幅に拡大した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 呉(2010)200ページ
  2. ^ 王萬邦『台灣的古圳道』 遠足文化、2003年、ISBN 9572856103

出典[編集]

  • 呉密察監修、横澤泰夫日本語版編訳「増補改訂版台湾史小辞典」(2010年)中国書店(福岡)

関連項目[編集]