和泉守兼定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

和泉守兼定(いずみのかみ かねさだ、生没年不詳)は、室町時代に美濃国関(現・岐阜県関市)で活動した刀工。同銘の刀工が複数存在するが、「之定」(のさだ)と通称される2代兼定(和泉守兼定)が著名であり、「関の孫六」・「孫六」と称される兼元とともに関鍛冶を代表する存在である。[1]

兼定歴代[編集]

美濃国の刀工に著名工が輩出するのは南北朝時代以降である。室町時代には備前国と美濃国が刀剣の二大生産地とされるが、新刀期(慶長以降を指す)には備前伝が衰退していったのに対し、美濃伝系統の鍛冶は各地で活動しており、新刀期の刀剣の作風に大きな影響を与えている。美濃の関鍛冶は南北朝時代の金重に始まると伝える。関を含め、美濃の刀工には、兼氏、兼元など「兼」の字を冠する名を持つ刀工が多い[2]。兼定は同銘の刀工が複数存在するが、初代(通称「親兼定」)、2代(和泉守を受領し和泉守兼定と銘する、通称「之定」)、3代(通称「疋定」)の評価が高い[3]。特に2代の通称「之定」はこの時代の美濃国では随一の刀匠といわれ[4]有名である[5]。また時代が下って11代兼定、12代兼定は幕末会津藩に仕え、土方歳三の刀も11代兼定あるいは12代兼定作と言われる[6]

初代兼定については、かつてはその作刀が明確でなく、「之定」が事実上の初代とみなされていたが、享徳二二年(享徳四年・1455年)二月日の年紀を有し、「濃州関住人兼定」と銘する太刀が発見され、これが初代に該当するものとされている。[7]

以下、本項では、主として二代であり和泉守を受領した兼定(通称「之定」)について記す。

和泉守兼定[編集]

2代兼定の銘字。2代兼定は明応8年から同9年の間に銘字を変えている。「定」字を初期は「定」に作るが、後にはウ冠の下に「之」を記したため、通称「之定」(のさだ)と言われる。「兼」字のタガネ使いにも特色がある(上の画像の「兼」とは字体が異なる)。

二代兼定である和泉守兼定は、室町時代に美濃国関で活動した刀工である。当時の名刀匠である孫六兼元と人気を二分し、後年の江戸時代には「千両兼定」といわれた[8]。永正元年(1504年)に法華経第二十五普門品(観音経)を出版[9]この経文は後にアーネスト・サトウが入手し[要出典]、現在は大英博物館の図書部門所蔵[9])甲州出身で美濃に来て初代兼定の門人になる、後に養子になる[10]。その刀は切れ味よく、最上大業物にランクされている[8]関七流中の奈良太郎系に属し[要出典]、その作刀期間はかつては明応2年(1493年)紀の作刀を最古とし、同年から大永6年(1526年)頃までと推定されていたが[10]、『室町期美濃刀工の研究』(鈴木・杉浦、2006)は、文明二二年(文明四年・1472年)銘の平脇指を紹介し、これを2代兼定の最古作とみなしている[7]

永正5年(1508年)紀の脇指の銘には「和泉守」の文字がないが、同8年(1511年)紀の刀には「和泉守」と銘することから、この間に和泉守を受領したと推定される[7]受領の背景には伊勢の神宮における派閥争いにおいて刀剣を鍛え供したことの恩賞と考えられている[要出典]。現地(山田)にて鍛えた旨が刻銘された遺作が現存する[9]佐野美術館蔵の永正14年(1517年)紀の刀の銘には「石破渋谷木工頭明秀」「伊勢山田是作」とあり、伊勢の御師渋谷明秀からの注文で打った作であることがわかる[11]。伊勢で駐槌したことから村正との交流もあり、村正から秘伝を受け[9]合作の刀も遺されている[要出典]。二代兼定は「定」の字をウ冠の下に「之」で切ることが多いことから、刀剣界では二代兼定を「之定」(ノサダ)と呼び習わされている。これに対して3代目兼定は銘の「定」字を「疋」と切ることから「疋定」(ひきさだ)と呼ばれ区別されている[9][10]。2代兼定の作刀でも初期作の銘字は常用漢字体と同じ「定」となっている。「之定」銘を切る最古の作刀としては、明応9年(1500)紀の脇指が紹介されている。一方、明応8年(1499年)紀の刀は「定」を常用漢字体に作るので、この間(明応8 - 9年)に銘の字体を変えたことがわかる。「兼」字は、第1画を「ノ」のように打った後、第2・3画は短い点を2つ、同一線上に打ち、字の下部は「よつてん」とする手癖がある。[7]

作風[編集]

刀剣鑑定家・研究者である本阿弥光遜(ほんあみこうそん、1879年 - 1955年)によると 和泉守兼定の作風は

  • 刀・脇差

一、姿・造り込み (前略)寸詰、鎬(しのぎ)高く棟の重ねは薄いものが多く、総て気の利いた姿で、万人に好かれるものである。寸法の長いものも詰まって見える姿を特徴とする。刃の寸法は二尺前後のものが多いが、脇差兼用に作ったものであろう。為に脇差の製作は殆どない。菖蒲造、薙刀直造もみる。

一、刃紋:焼巾に広狭あって覇気がある。直江志津一門と見える相州伝の大乱れ沸崩れのものがあり能く働く。また備前福岡一文字と見える大丁子乱のものを焼いて、匂深く刃中能く働くが、いずれも尖り刃または矢筈乱などが交ざる。その他、大湾れ、五の目丁子、矢筈乱、広直刃、箱乱などがある。

一、地鉄:普通の美濃物より地鉄よく練れて細かく、別質の鋼を使用したと云う。杢目肌に柾目肌が交り、殊に鎬地には柾目肌が烈しく現れる。

一、中心:二字または長銘もあって、年号が入るものもある。所持銘、注文銘の入るものもある。

  • 短刀

一、姿・造り込み:平造筍反やや寸詰まって重ね普通。行の棟が多い。

一、刃紋:焼巾狭く、沸本位だが沸少なく、細直刃、中直刃を焼く。刃文のどこかに小豆粒ほどの乱れが交る。

一、帽子:小丸で(中略)返り刃方に寄り、小模様に乱れる。

一、地鉄:肌細かく、小杢目に柾心があり、棟方に柾目肌が現れる。

一、中心:形正しく長銘が多い。

-引用 本阿弥光遜『日本刀の掟と特徴』美術倶楽部出版部、1958年p.198-199

とされる。

本阿弥光遜の言うように兼定の作風は幅が広く、刃文は匂勝ちで匂口沈むもの、匂口締り小沸つくものなどさまざまである。相州伝、備前伝のもののほか、板目の流れた鍛えに直刃調の刃文を焼いた大和風の作もあるが、直刃調であってもどこかに互の目が交じる。帽子は返りの長いもの、一枚風となるものもあるが、おおむね小丸に返る。地鉄が白け気味となるのもこの工の特色である。茎仕立は先を栗尻とし、鑢目は鷹の羽とするのが原則である。[12]

エピソード[編集]

永正元年(1504年)に法華経第二十五普門品(観音経)を出版し鍛冶業以外に宗教活動も行っていた。[9]この経文は後にアーネスト・サトウが入手し[要出典]、現在は大英博物館の図書部門に所蔵されている[9]。)ただし、悪筆であった[9]

  • 森長可は愛用のノサダの十文字大槍に「人間無骨」と彫りを入れていた[4]
  • 伊藤博文がノサダの脇差を仕込み杖として使用。満州のハルピン駅で暗殺された際にもこの仕込み杖を携帯していた。[要出典]

之定(ノサダ)を所持した武将[編集]

武田信虎津田信澄柴田勝家明智光秀池田勝入斎[9]細川幽斎細川忠興森長可[4]などが愛用し、また島津家にも「之定」の名刀が伝わっていたとされる[4]

注:土方歳三の愛刀も「兼定」として有名であるが、土方の刀は「之定」(ノサダ)ではなく、幕末の11代兼定の作品である[6]

文化的評価[編集]

  • 虎徹の刀が50両だった時代にノサダは1000両の値が付けられたことから千両兼定と呼ばれたという説があるが、かかる事実を裏付ける史料はない。江戸時代には演技が上手く人気のある役者を「千両役者」と呼び、ひいては役者以外の世界でも一芸に秀でた人物や何をやっても上手な人は「千両役者」と呼ばれた。そこから鍛冶業以外の活動にも精力的だったノサダが「千両兼定」と呼ばれたのであろう。
  • 幕末に源清麿の刀を改竄しノサダの偽銘を施したものがある(現在は無銘で清麿と鑑定)。今日清麿の作品は高額で取引されているが、当時は廉価で、武器構における注文料は3両でしかなかった。江戸時代には古い刀が珍重されており、古ければノサダでなくても誰の銘でも良かったのだろうが、ノサダと清麿の作風にはどこか似通った所があるためともいわれる。
  • ノサダの作品は数多く現存しているが、国宝・重要文化財の指定を受けているものは一振りもない。唯一「武田左京大夫信虎所持」と銘のある作品が旧「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」に基づき重要美術品に認定されている[13]。「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」は廃止されているが、同法に基づいて認定された重要美術品の認定効力は持続している(文化財保護法附則第4条)。
  • 細川忠興が家臣36人を殺害するのに使った刀がノサダだった。忠興は殺害した36人即ち「三十六家臣」を「三十六歌仙」の語呂にこじ付け、倒錯的な感覚でこの刀を「歌仙」と呼んだが、現在では刀ではなくその拵の方だけが雅に「歌仙拵」と呼ばれ、伝わっている。

出典[編集]

  1. ^ 本間順治『日本刀』(岩波新書)、岩波書店、1939、p.19; 天田昭次『鉄と日本刀』、慶友社、2004、p.70、など
  2. ^ 小笠原『日本刀の歴史と鑑賞』p.142-144
  3. ^ 得能 『刀工大鑑 決定版』p.82-83
  4. ^ a b c d 本阿弥 光遜 著『日本刀の掟と特徴』p.198-199
  5. ^ 福永『日本刀大百科事典 第2巻』p.23-24
  6. ^ a b 土方歳三資料館
  7. ^ a b c d 鈴木卓夫、杉浦良幸『室町期美濃刀工の研究』p.49 - 56
  8. ^ a b 歴史群像編集部 編『図解 日本刀事典』p.146
  9. ^ a b c d e f g h i 福永『日本刀大百科事典 第2巻』p.24
  10. ^ a b c 得能 一男 著『刀工大鑑 決定版』p.82
  11. ^ 『日本刀 鑑賞のしおり』(佐野美術館蔵品シリーズ1)、佐野美術館、1996、p.47(解説執筆は渡辺妙子)
  12. ^ 鈴木卓夫、杉浦良幸『室町期美濃刀工の研究』、pp.171 - 177
  13. ^ 本間順治監修、広井雄一編『日本刀重要美術品全集』、青賞社、1985、第2巻p.226

参考文献[編集]

  • 小笠原 信夫 著『日本刀の歴史と鑑賞』講談社、1989年、ISBN 4-06-203731-9
  • 得能 一男 著『刀工大鑑 決定版』光芸出版、2004年、ISBN 4-7694-0119-1
  • 福永 酔剣 著 『日本刀大百科事典 第2巻』雄山閣出版、1993年
  • 本阿弥 光遜 著『日本刀の掟と特徴』美術倶楽部出版部、1958年
  • 歴史群像編集部 編『図解 日本刀事典』学習研究社、2006年、ISBN 4-05-403276-1
  • 鈴木卓夫、杉浦良幸『室町期美濃刀工の研究』、里文出版、2006