北ンデベレ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北ンデベレ語
Isindebele
話される国 ジンバブエの旗 ジンバブエ
ボツワナの旗 ボツワナ
地域 北マタベレランド州
南マタベレランド州
ノースイースト地区 (ボツワナ)
母語話者数 1,572,800人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 なし
統制機関 なし
言語コード
ISO 639-1 nd
ISO 639-2 nde
ISO 639-3 nde
テンプレートを表示

北ンデベレ語 (きたンデベレご、北ンデベレ語: isiNdebele、: North Ndebele) は、ニジェール・コンゴ語族ベヌエ・コンゴ語群英語版バントゥー語群ングニ諸語英語版に属す、ジンバブエ南西部で話される言語である。南アフリカ共和国南ンデベレ語は近縁だが異なる言語である[1]

歴史[編集]

現在の北ンデベレ人英語版(古くは英国人から: Matabeleと呼ばれた)の中核を成すクマロ人英語版 は、当初クワズール・ナタール州に住んでいたが、1822年シャカ王率いるズールー人から攻撃を受け、ムズィリカズィ  (Mzilikazi に従って北の南アフリカ高原地帯に逃げた。1938年、多くはさらに北に逃げ、ジンバブエマタベレランド英語版: Matabeleland)に定着してンデベレ王国ドイツ語版を築いた。この人々の言語が北ンデベレ語である。一方、高原地帯のプレトリア北東に残った人々の言語が南ンデベレ語である[1]。両言語は分岐から一世紀も経っていないが、音韻文法で違いが現れている。

現在、ンデベレ人はジンバブエの 14% を占め[2]母語話者人口としてはショナ語に次いで多いが、北ンデベレ語は地方公用語にとどまり、国の公用語は英語のみである。

音韻[編集]

ズールー語コサ語と同様、吸着音を持つ。母音は a, e, i, o, u の 5 個である[1]

文法[編集]

SVO型である。このうち、述語のみが必須である[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 湯川恭敏 (2004), “二つのンデベレ語”, 熊本大学社会文化研究 2: 37-51, ISSN 1348-530X, http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/2472/1/KJ00000692268.pdf 
  2. ^ “Zimbabwe”, The World Factbook, CIA, (2008), https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/zi.html 2008年7月2日閲覧。 

外部リンク[編集]