初芽局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

初芽局(はつめのつぼね)は、徳川家康が政敵である石田三成に送り込んだくノ一と言われている。実在した人物かどうかは不明。

三成の側近くに仕えることに成功するが、敵として憎んでいた三成の実際の人柄などに惚れこんでしまい、本当の側室のような存在になってしまったという。そのためついには家康を裏切り、徳川側に殺されたといわれている。また、関ヶ原の戦いの後も生き延び、三成の菩提を弔ったという説もある。

司馬遼太郎の『関ヶ原』では、彼女が一方的に惚れただけではなく、三成も彼女を愛したように描かれている。関ヶ原戦後は出家した説を採っている。

一方、堺屋太一の『大いなる企て』では「初芽=間者」説には触れず、単に三成の愛妾として描かれており、佐和山城落城に伴い他の妻妾同様、石田家に殉じている。