刀根康尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(photo by Andy Newcombe)

刀根 康尚(とね やすなお、1935年 - )は、日本の前衛芸術家、音楽家

概要[編集]

1935年東京都に生まれる。

千葉大学に進学し、日本文学を専攻した。1957年に同大学を卒業。

1960年代、一柳慧を通じて知り合ったジョージ・マチューナスの誘いで、前衛芸術運動であるフルクサスに参加した。また同時期に即興演奏をはじめ、小杉武久塩見允枝子武田明倫水野修孝らと即興音楽集団「グループ・音楽」を結成、日本初の即興演奏グループとなった。また前衛芸術運動のハイレッド・センターやチーム・ランダムなどにも参加、多数の前衛芸術運動に関わった。多くの美術評論などでも知られる。

1972年に渡米し、活動拠点をアメリカに移した。ジョン・ケージなどとも交流し、数々のイベントに参加した。

刀根の作品の中では、音楽作品が特によく知られており、CDの盤面に意図的に傷をつけて、プレイヤーが読み取るときにディストーション(ひずみ)を発生させる、という表現手法などを用いた。2002年には、アルス・エレクトロニカでデジタル・ミュージック部門の金賞を受賞している。

主な作品[編集]

アルバム[編集]

  • Solo for Wounded CD (1997, Tzadik Records)
  • Wounded Man'Yo #38-9/2001 (2001, Alku)
  • Yasunao Tone (2003, Asphodel Records)
  • Palimpsest (2004, Mego) - フロリアン・ヘッカーen)との共作。

参加作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]