内臓幼虫移行症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

内臓幼虫移行症(: visceral larva migrans)とはNeoascaris vitulorum犬回虫(Toxocara canis)のような線虫の幼虫移行による子供の疾病。

それらの線虫はヒトの体内では成熟し、落ち着いて生息することができないため、体内を迷走し、心臓心筋炎を引き起こす)や中枢神経系発作を引き起こす)に侵入する。線虫はに侵入することもあり、その場合は眼幼虫移行症と呼ばれ、網膜芽細胞腫と誤診されることがある。

関連項目[編集]