公孫述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白帝 公孫述
成家
王朝 成家
在位期間 25年 - 36年
都城 成都
姓・諱 公孫述
子陽
生年 紀元前7年
没年 36年
公孫仁
年号 龍興 : 25年 - 36年

公孫 述(こうそん じゅつ)は、扶風茂陵の人。新末後漢初四川(巴蜀)に地方王朝「成」(成家とも)を建てた。

生涯[編集]

父の公孫仁は成帝の末に侍御史となり、その故を以て郎となる。父が河南都尉の時に、公孫述は天水郡清水県の長に任じられ、若年を心配した公孫仁は自分の部下を使わすが、その部下は「公孫述は教えを待つ者には非ず」と一人戻る。能有る為に太守は五県を兼務させるも政事は整い、盗賊は発せず、郡中鬼神有りと称される。王莽天鳳年間に導江の卒正(制における蜀の太守)となり、能名を馳せた。

赤眉の乱の混乱の中、更始帝が立つと漢中から四川にかけて、宗成王岑が漢軍の将を称して挙兵した。当初、公孫述は成都に招くも、掠奪を行う賊兵と知ると、公孫述はこれを討たんものと県内の豪傑を募って、自分は輔漢将軍・蜀郡太守兼益州牧の印綬を預けられたと称し、宗成らを討って、この地に割拠する。

更始2年(24年)秋、長安更始帝(劉玄)は巴蜀の地を平定せんと李宝張忠ら軍を派遣するも、公孫述は弟公孫恢を遣って綿竹で撃退した。建武元年(25年)には蜀王を号し、国号を「成家中国語版」とした(王朝名は成都を首都としたことによる)。また年号を建てて龍興元年とした。それまでの五銖銭を廃止して鉄銭を発行したが、不評であった。

公孫述は、漢中は南鄭、武都郡は下弁・河地を収めて、漢中郡・武都郡を支配下に置き、三輔は陳倉に進出する。しかし劉秀が皇帝に即位し、更始帝に代わって王朝を継ぎ(後漢王朝)、光武帝の大司徒鄧禹が三輔に入り、その後、光武帝の征西大将軍馮異長安を含む三輔を定めることとなり、隴西の地で割拠していた隗囂は鄧禹から西州大将軍の号を受け、その後も光武帝に従って、三輔にて公孫述の兵を討つ。

龍興6年(30年)、光武帝は隴西を通って公孫述を討たんとし、これを嫌った隗囂は遂に光武帝と兵を交えることになる。

龍興7年(31年)、光武帝とも和睦できず隗囂は公孫述に臣従する。龍興10年(34年)、光武帝の中郎将来歙は病死した隗囂の後を継いだ隗純を捕え、隴西を降す。龍興11年(35年)、来歙は、蓋延馬成劉尚を率いて隴から武都郡に、征南大将軍岑彭大司馬呉漢臧宮らが長江を遡って巴蜀(四川)へ侵入し、公孫述は来歙岑彭を暗殺するも、翌年遂に成都に攻め込まれ、公孫述はこの防衛戦で負傷し、その夜に死去して成都は開城した。公孫述の一族は共々誅殺された。

関連人物[編集]

親族
  • 公孫仁(父)
  • 公孫恢(弟)
同盟者
軍閥の成員

※ただし、延岑、田戎は秦豊滅亡後、王元は隗囂滅亡後。

  • 任満
  • 程烏
  • 程焉
  • 程汎
  • 田戎

伝記史料[編集]

参考文献[編集]

  • 『東洋歴史大辞典 上巻』(1941年、縮刷復刻版、臨川書店ISBN 4653014701)1165ページ「公孫述」(執筆:西田保)
  • 『アジア歴史事典 3』(平凡社1984年)278ページ「公孫述」(執筆:狩野直禎)