伏見博英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
博英王
伏見博英
伏見伯爵(1936~1943)
身位 →臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
His Imperial Highness
出生 1912年10月4日
東京府東京市
死去 1943年8月21日
セレベス島
子女 伏見博孝(養子)
父親 伏見宮博恭王
母親 博恭王妃経子
テンプレートを表示


伏見 博英(ふしみ ひろひで、1912年(大正元年)10月4日 - 1943年(昭和18年)8月21日)は、日本伏見宮家皇族)出身の伯爵華族)である。伏見宮博恭王の第4王子。皇族時代は博英王といった。

略歴[編集]

海軍兵学校(第62期)に進み、海軍に勤務する。1936年4月1日臣籍降下し、昭和天皇より伏見の家名を賜り、伯爵に叙せられる。第3連合通信隊司令部に属していたが、1943年8月21日セレベス島南部ボネ湾上空で乗機が撃墜され戦死し、海軍少佐に特進する。

墓は青山霊園の警視庁墓地。 伏見伯爵家の家督は、兄華頂博信の子で博英の養子となっていた伏見博孝が継いだ。

血縁[編集]

  • 子:元子(堂本泰三夫人)
  • 子:誓寬(俗名・和子、京都得浄明院の住職)
  • 子:順子(夭折)
  • 佳子(伏見和夫夫人。夫・和夫が義兄・博孝の養嗣子となり、伏見家を相続)

外部リンク[編集]