伊号第二〇二潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SenTaka.jpg
伊202(呉小島沖、1945年2月中旬[1]
艦歴
計画 昭和19年度計画(マル戦計画
起工 1944年5月1日
進水 1944年9月2日
就役 1945年2月14日(または12日)
その後 1946年 4月5日海没処分
除籍 1945年11月30日
性能諸元
排水量 基準1,070、常備1,291t
水中1,450t
全長 79.00m
全幅 5.80m
吃水 5.46m
機関 マ式1号ディーゼル2基2軸
1,250馬力電動機4基
水上:2,750馬力
水中:5,000馬力
速力 水上:15.8kt
水中:19.0kt
航続距離 水上:14ktで5,800海里(10,742km)
水中:3ktで135海里(250km)
燃料 重油:145トン
乗員 31名(計画)
兵装 53cm魚雷発射管 艦首4門
25mm単装機銃2挺
魚雷10本
備考 22号電探1基
安全潜航深度:110m
行動日数:35日

伊号第二〇二潜水艦(いごうだいにひゃくにせんすいかん)は、日本海軍潜水艦伊二〇一型潜水艦(潜高大)の2番艦。

艦歴[編集]

  • 1943-44年のマル戦計画で計画
  • 1944年5月1日 - 呉海軍工廠で起工。
    • 9月2日 - 進水
  • 1945年2月14日 - 竣工(2月12日竣工の文献もある)
    • 7月30日 - 舞鶴で爆撃を受け損傷。
    • 8月15日 - 舞鶴で修理中に終戦を迎える。
    • 11月30日- 除籍
  • 1946年4月5日 - 向後岬沖で米海軍により海没処分。

歴代艦長[編集]

艦長[編集]

  1. 今井賢二 大尉:1945年2月14日 -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』64頁。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』潜水艦伊号他、光人社、1998年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1

関連項目[編集]