伊勢姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伊勢姫(いせひめ、生没年不詳)は、戦国時代の女性。上野国平井城千葉采女の娘。

上杉謙信の関東出兵の際、その傘下に加わらんとする父の意によって謙信の元へ人質に出された。謙信は伊勢姫を気に入ったため側に置こうと試みるが、柿崎景家の強い反対で考え直し、断念したという。その後、青龍寺[要曖昧さ回避]に出家し、程なくして没したという。その存在は、同じく謙信と恋仲であったといわれる直江氏(直江兼続の妻・お船の方の姉とされる)と同様に伝説的であり、一次史料でその存在を確認できる史料はなく、後世の軍記物などにその記述が見られるのみである。