世界報道自由デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界報道自由デー(せかいほうどうじゆうでー、World Press Freedom Day)は、報道の自由の重要性を喚起し、各国政府が世界人権宣言の第19条に基づく表現の自由を尊重し支持する義務を認識するために、国連総会で定められた日。毎年5月3日

この日は、報道の自由という基本的人権を称賛し、世界中の報道の自由を評価し、メディアの独立を脅かす存在から保護し、職務中に命を落としたジャーナリストたちの業績を称えるための日となっている。

これは、1991年4月29日から5月3日までナミビアの首都ウイントフークen:Windhoek)で開かれた「アフリカの独立した多元的な報道の促進に関するセミナー」(英:Promoting and Independent and Pluralistic African Press)というUNESCOのセミナーで発表された「アフリカの独立した多元的な報道の促進に関するウイントフーク宣言」(en:Windhoek Declaration)が採択された日が5月3日だったことにちなんでいる。

この宣言が同年の第26回UNESCO総会でも支持され、後に1993年12月20日の国連総会での決議へとつながっていった。

ジャーナリズム表現の自由の分野で世界的に活躍する人を表彰する「ギョレモ・カノ世界報道自由賞」の授与をはじめ、UNESCOや世界新聞協会(WAN-IFRA)などを中心に、報道の自由の啓蒙と奨励のためのイベントが開催される。

外部リンク[編集]