不落不落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「不落々々」

不落不落不落々々(ぶらぶら)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』に描かれている日本妖怪の一種で[1]提灯の妖怪。

『百器徒然袋』中にある石燕の解説文によれば、外観は提灯の火だが、実体は狐火とされている。なお提灯の妖怪は有名な割に伝承資料に乏しいが、提灯お化けのような妖怪ではなく、狐火や提灯火のような怪火として伝承されていることが多い[1]

俗にいう提灯お化けに相当する妖怪との説もあるが[2]、画図では器物の妖怪として描かれていることから、解説文のような狐火の妖怪ではなく、提灯お化けの一種と見なす方が妥当とする意見もある[3]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、298頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 京極夏彦 『妖怪の理 妖怪の檻』 角川書店〈KWAI BOOKS〉、2007年、384頁。ISBN 978-4-04-883984-6
  3. ^ 妖怪ドットコム 『図説 妖怪辞典』 幻冬舎コミックス2008年、113頁。ISBN 978-4-344-81486-8

関連項目[編集]