不落不落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「不落々々」

不落不落不落々々(ぶらぶら)は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』に描かれている日本妖怪で、提灯の妖怪。『百器徒然袋』にある石燕の解説文には、

山田もる提灯の火とは見ゆれどもまことは蘭ぎくにかくれすむ狐火なるべしとゆめのうちにおもひぬ[1]

とあり、田に立っている提灯の火に見えるが、まことは狐火なのでは無いか、と記されている[1][2]

俗にいう提灯お化けに相当する妖怪との説もあるが[3]、画図では器物の妖怪として描かれていることから、解説文のような狐火の妖怪ではなく、提灯お化けの一種と見なす方が妥当とする意見もある[4]が民間伝承には「ぶらぶら」という妖怪は確認されておらず詳細は不明である。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、201頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、298頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 京極夏彦 『妖怪の理 妖怪の檻』 角川書店〈KWAI BOOKS〉、2007年、384頁。ISBN 978-4-04-883984-6
  4. ^ 妖怪ドットコム 『図説 妖怪辞典』 幻冬舎コミックス2008年、113頁。ISBN 978-4-344-81486-8

関連項目[編集]