三菱・KE4系・KE6系エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KE42型エンジン(2代目キャンター)

三菱・KE4系・KE6系エンジン1963年から1973年まで新三菱重工業によって製造(のち三菱重工業三菱自動車工業が製造)されていた1.0L-2.3Lの直列4気筒ガソリンエンジン(KE4系)および2.0Lの直列6気筒ガソリンエンジン(KE6系)。バルブ駆動方式はすべてハイカムプッシュロッドのOHVを採用しており、自動車用だけでなく一部の産業用エンジンとしても使用されていた。なお、本項では自動車搭載用に限り記述する。

概要[編集]

自動車用KE系エンジンは大きく分けて5つの系譜が存在する。

  1. トラック用5.3L直列4気筒ディーゼルエンジンとして開発されたKE5系列。KE5→KE21(5.8L)→KE25
  2. ジープ用JH4ジャパンハリケーンエンジンをベースに開発されたディーゼルエンジンのKE3系列。KE31→KE36(3.3L直列6気筒)→KE63(3.5L化)
  3. 三菱・コルト1000向けに開発されたガソリンエンジンのKE43・ネプチューン系列。KE43(1L)→KE44(1.1L化)→KE46(1.2L化)→4G4ネプチューンへ発展。
  4. 三菱ふそう・ジュピター向けに開発されたディーゼルエンジンから発展したKE41・ジュピター系列。KE41(2.0Lディーゼル)→KE42(2.0Lガソリン化)→KE47(2.3L化)、KE42→KE62(3Lガソリン直列6気筒化)、KE41→KE61(3Lディーゼル直列6気筒化)→KE65(3.5L化)
  5. 三菱・デボネア用に開発されたKE64から発展したKE64系列。KE64(2.0L直列6気筒→KE45(三菱・コルト1500用1.5L直列4気筒化)
  • 出典は三菱オートギャラリーのエンジン開発史より

共通項目[編集]

  • 構造:4ストローク、直列型
  • バルブ数:1シリンダーあたり2バルブ(吸気:1、排気:1)
  • 冷却:水冷

KE42[編集]

  • 排気量:2.0L (1,995 cc)
  • 内径×行程:84.0 x 90.0 mm
  • 圧縮比:
  • 最大出力:66kW (90PS) / 4,800 rpm
  • 最大トルク:57N·m (16kgf·m) /3,000rpm

KE43[編集]

  • 排気量:1.0L(977 cc)
  • 内径×行程:72.0 x 60.0 mm
  • 圧縮比:
  • 最大出力:
37 kW (51 PS) / 6000 rpm
40 kW (55 PS) / 6000 rpm

KE44[編集]

  • 排気量:1.1L(1088 cc)
  • 内径×行程:73.0 x 65.0 mm
  • 圧縮比:
  • 最大出力:
42 kW (58 PS)/ 6000 rpm
46 kW (62 PS)/ 6000 rpm (1969-1970 non-Sports Colt 11-F)
54 kW (73 PS)/ 6300 rpm (Twin-carb Super Sports, only in Fastback models)

KE45[編集]

  • 排気量:1.5L(1498 cc)
  • 内径×行程:85.0 x 66.0 mm
  • 圧縮比:
  • 最大出力:
51 kW (70 PS)
63 kW (85 PS) (Super Sports, twin SU-carburetors)

KE46[編集]

  • 排気量:1.2L(1189 cc)
  • 内径×行程:73 x 71 mm
  • 圧縮比:
  • 最大出力:49 kW (67 PS) at 6000 rpm
  • 最大トルク:94 N·m (69 ft·lbf) at 3800 rpm

KE47[編集]

  • 排気量:2.3L(2315 cc)
  • 内径×行程:85 x 102 mm
  • 圧縮比:8.0:1
  • 最大出力:95ps/4500rpm
  • 最大トルク:17.5kg-m/2800rpm

KE64[編集]

  • 排気量:2.0L(1991 cc)
  • 内径×行程:80 x 66 mm
  • 圧縮比:
  • 最大出力:78 kW (106 PS) at 5000 rpm
  • 最大トルク:163 N·m (120 ft·lbf) at 3400 rpm

関連項目[編集]