ヴォルフガング・ワーグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2004年

ヴォルフガング・ワーグナーWolfgang Wagner, 1919年8月30日 - 2010年3月21日 )は、バイロイト祝祭劇場の総監督を務めたドイツ演出家、舞台美術家。

経歴・人物[編集]

リヒャルト・ワーグナーのひとり息子、ジークフリートとその妻ヴィニフレートの次男としてバイロイトに生まれた。兄ヴィーラントと共に、当時ワーグナー家の邸宅『ヴァーンフリート荘』に出入りしていたアドルフ・ヒトラーにも可愛がられていた。

第二次世界大戦中は、兵役を免除されたヴィーラントとは対照的に従軍し、ポーランド戦線で負傷する。その一方でベルリンで多くの歌劇場から学びを受け、ナチスへの協力責任を問われた母ヴィニフレートに代わり、1951年に再開されたバイロイト音楽祭をヴィーラントと共に率いていく。

当初から演出を務めるヴィーラントに対し、管理・運営を務めるヴォルフガングという役割分担が定着していたが、1953年の『ローエングリン』を皮切りに演出にも参加するようになる。1966年にヴィーラントが亡くなり、祝祭の運営に加え、全演目の演出を総括するのが困難になって以降は、ヴァーグナー家以外から演出家を積極的に招聘する方法を採った。アウグスト・エファーディングゲッツ・フリードリヒという名だたる演出家を招く一方で、祝祭100周年の1976年には『ニーベルングの指環』の演出に当時オペラ界では無名に近かったパトリス・シェローを抜擢し、衝撃的な成功を収めるなど、人材起用に才覚を発揮、名声を高めていくことになる。 その後もハリー・クプファーハイナー・ミュラーキース・ウォーナーといった先鋭的な演出家と、ピーター・ホールアルフレート・キルヒナージャン=ピエール・ポネルといった審美的な舞台作りをする演出家をバランスよく起用し、「実験工房」としてのバイロイトの地位を確固たるものにした。

非常にまめまめしい性格として知られ、劇場に関しても新設備の導入はもちろん、旧設備の管理に対しも事細かな点に至るまで心血を注ぐと言われる。

最初の妻エレンと間に長女エーファ、長男ゴットフリートをもうけた他、再婚したグドルンとの間にカタリーナがいる。

バイロイト音楽祭は1973年財団法人化しているものの、総監督はワーグナー家の者から優先的に選ばれる事になっている。そのため高齢のヴォルフガングの後継者を巡る争いが、彼の推すカタリーナ、財団の推すエーファ、更にシュトゥットガルトオペラの支配人クラウス・ツェーラインを協力者に据える兄ヴィーラントの娘ニーケの三者間で過熱化している。

2009年からは彼の二人の娘、カタリーナ・ワーグナーとエーファ・ワーグナー・パスキエでの二頭体制に移行した。

2010年3月21日、逝去[1]。90歳没。

演出[編集]

彼の演出としての仕事はほとんどバイロイトに限られ、さまよえるオランダ人以降の全てのワーグナー作品の演出を手がけている。 その舞台は兄、ヴィーラントの簡素で抽象的な『新バイロイト様式』の圧倒的な影響の元にありながらも、伝統的で写実的な演出を尊重し、それらの要素を加味しているところに特徴がある。 この折衷的・中道的な手法は保守的なファンを中心に歓迎され、オーソドックスな舞台として評価されてきた。 しかし年を追うごとに無難・凡庸・因習的といった批判に晒されることもまた多くなり、際だって高い評価を獲得するまでにはいたっていない。 最も得意にした演目は『ニュルンベルクのマイスタージンガー』で、1968年の同演目百周年記念公演での演出は好評を博し、 1996年の新演出でも巨大な球面を背景に用い、この球面の色を効果的に変化させるといった独自な試みも行った。 数少ないバイロイト以外での仕事の中には新国立劇場での『ローエングリン』がある。

脚註[編集]