ヴェネチア・バーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェネチア・バーニー
Venetia Katharine Douglas Burney
生誕 1918年7月11日
死没 2009年4月30日(満90歳没)
バンステッド
出身校 ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジ
職業 教師(経済学数学
配偶者 エドワード・マクスウェル・フェア(1908-2006)
テンプレートを表示

ヴェネチア・バーニーVenetia Katharine Douglas Phair (née Burney), 1918年7月11日 - 2009年4月30日)は、クライド・トンボーによって1930年に発見された惑星[1]Pluto冥王星)と名づけることを提案した女性。当時、彼女は11歳であり、イギリスオックスフォードに住んでいた。

来歴[編集]

バーニーはオックスフォード大学の聖書解釈の教授だったチャールズ・フォックス・バーニーと、その妻エセル・ワーズワース・バーニー(旧姓マダン)の間に生まれた。ヴェネチアはオックスフォード大学のボドリアン図書館司書だったファルコナー・マダン(1851年–1935年)の孫娘にあたる[2]。ファルコナーの兄でイートン・カレッジの理学修士だったヘンリー・マダン (1838年–1901年)は1878年火星の衛星にPhobosフォボス)、Deimosダイモス)と名づけることを提案する[3]

1930年3月14日、ファルコナーは英タイムズ紙にて新たな惑星が発見されたというニュースを読み、そのことを孫娘ヴェネチアに教えた。当時11歳の彼女は名前としてPlutoプルートー、ローマ神話において自らの姿を消すことができる、冥界を司る神)を提案し、ファルコナーはこの提案を天文学者のハーバート・ターナーに送り、ハーバートはローウェル天文台にいる彼のアメリカ人の同僚に電報を打ちこの提案を知らせた。トンボーは、冥王星の存在を予言したパーシヴァル・ローウェルのイニシャル(P.L)で始まるこの名前をいたく気に入った。1930年5月1日、この新しい天体の名称としてPlutoという名称が正式に採用された。

ヴェネチアはバークシャーダウン・ハウス校、そしてケンブリッジ大学のニューナム・カレッジで学び、そこでは数学を勉強した。卒業後は公認会計士になる。その後、ロンドン南西にある女子校で経済学と数学の教師になる。1947年、エドワード・マクスウェル・フェアと結婚。彼は西洋古典学者で、後にエプソム大学舎監、英語教師の代表となる。晩年の数年間、彼女はエプソムに住んでいた[4]

冥王星が惑星から準惑星に再分類される数ヶ月前、惑星の定義に関する討論が盛り上がってきていた最中、彼女は「この歳になったので、議論を戦わせることは無理です。しかし私は惑星のままであることを望んでいます」と語った[5]

彼女はバンステッド2009年4月30日に満90歳で死去した[4]

彼女にちなむ命名[編集]

小惑星バーニー小惑星番号6235)は彼女にちなんで命名された。また冥王星を目指している探査機ニュー・ホライズンズに搭載されている学生微粒子計数器には、彼女の名前がつけられている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 現在、冥王星は惑星ではなく準惑星に分類されている。バーニーの命名した当時は惑星に分類されていた。
  2. ^ “Venetia Phair”. Daily Telegraph. (2009年5月5日). http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/science-obituaries/5280426/Venetia-Phair.html 2009年5月11日閲覧. "Venetia Phair, who has died aged 90, had the distinction of being the only woman in the world to have named a planet; in 1930, as a girl of 11, she suggested the name Pluto for the enigmatic celestial body that had just been discovered, and which became (albeit only temporarily) the ninth planet in our solar system." 
  3. ^ The Observatory, Vol. 53, p. 193–201 (1930)
  4. ^ a b Grimes, William (2009年5月10日). “Venetia Phair Dies at 90; as a Girl, She Named Pluto”. New York Times. http://www.nytimes.com/2009/05/11/world/europe/11phair.html?_r=1&scp=1&sq=Venetia%20Phair&st=cse 2009年5月11日閲覧. "Venetia Phair, as she became by marriage, died April 30 in her home in Banstead, in the county of Surrey, England. She was 90. The death was confirmed by her son, Patrick." 
  5. ^ The girl who named a planet from BBC News Online
  6. ^ Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory press release, June 29, 2006

外部リンク[編集]