ヴェニスの商人 (2004年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェニスの商人
The Merchant of Venice
監督 マイケル・ラドフォード
脚本 マイケル・ラドフォード
原作 ウィリアム・シェイクスピア
製作 ケイリー・ブロコウ
マイケル・コーワン
バリー・ナヴィディ
ジェイソン・ピエット
製作総指揮 エドウィジュ・フェネシュ
ゲイリー・ハミルトン
マイケル・ハマー
ピーター・ジェームズ
ロバート・ジョーンズ
ピート・マッギー
アレックス・マーシャル
ジェームズ・シンプソン
マフレッド・ワイルド
出演者 アル・パチーノ
ジェレミー・アイアンズ
音楽 ジョスリン・プーク
撮影 ブノワ・ドゥローム
編集 ルチア・ズケッティ
製作会社 アベニュー・ピクチャーズ
ナヴィディ・ワイルド・プロダクションズ
スパイシー・ファクトリー
配給 日本の旗 アートポート東京テアトル[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年12月29日
日本の旗 2005年10月29日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $30,000,000[2]
興行収入 $21,417,725[2]
テンプレートを表示

ヴェニスの商人』(The Merchant of Venice)は、2004年のアメリカ合衆国、イタリア、ルクセンブルク、イギリス合作の映画。マイケル・ラドフォード監督。シェイクスピアの『ヴェニスの商人』の映画化。第61回ヴェネツィア国際映画祭特別招待作品。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
シャイロック アル・パチーノ 有本欽隆
アントニオ ジェレミー・アイアンズ 岩崎ひろし
バサーニオ ジョセフ・ファインズ 森川智之
ポーシャ リン・コリンズ 松谷彼哉
ジェシカ ズレイカ・ロビンソン 新野美知
グラシアーノ クリス・マーシャル 高階俊嗣
ランスロット マッケンジー・クルック

原作との違い[編集]

原作のような喜劇的内容ではなく、ユダヤ人差別を描写した悲劇的内容となっている。具体的には、シャイロックが顔につばを吐きかけられるシーン、娘がいないことに気づいて号泣するシャイロックのシーンや、ジェシカが売り渡したと言われていた指輪に触って父へ想いを馳せるシーンなどが追加されている。台詞こそ原作のものと一切の違いはないが、冒頭に背景となる時代の、ユダヤ人に対するヨーロッパ人種の非道な差別を克明に語るナレーションが追加されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]