ヴィンセント・マンガーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィンセント・マンガーノVincent Mangano1888年3月28日1951年4月19日)はニューヨークマフィア5大ファミリーの一つであるマンガーノ・ファミリー(後のガンビーノ・ファミリー)のボスであり、1931年から1951年までマーダー・インクを率いていた悪名高いボスの1人である。シチリア出身で、生まれた時の名前はヴィンチェンツォ・ジョヴァンニ・マンガーノ (Vincenzo Giovanni Mangano) 。また、ブルックリン・ニュースペーパーが名付けた、「処刑人 (The Executioner) 」という渾名で知られている。

彼の弟であるフィリップ・マンガーノは彼の組織の忠実な片腕となり、後に、ファミリーの副ボスとなった。

ファミリーのボスとして[編集]

マンガーノは港湾区域を支配しそこからの収入を組織の主な収入源としていた。彼と彼の仲間は船会社が上納金を支払わない場合は港での貨物の積み込み・積み下ろし作業を妨害すると脅迫していた。また、マンガーノはドックで働いていた労働者らに対し、その作業日ごとに金を巻き上げていた。こうした行為の結果、マンガーノらはどの船に何が積まれているのか正確に把握しており、それらの中から何を盗むべきか選ぶことができた。

マンガーノと、親友であり共に港湾区域を支配していたエミール・カマルダ(Emil Camarda、1941年殺害)は「シティ・デモクラティック・クラブ」というクラブを設立し、クラブは表向きにはアメリカ人の基本的価値観を振興するのが目的であったが、裏では非合法な活動を行っていた。そこはイタリア人ギャング達の命令で殺人を請け負っていた事で悪名の高い殺し屋集団であるマーダー・インクのメンバーらの主な会議場所として使用され、ヴィンセント・マンガーノの副ボスだった弟のフィリップ・マンガーノやアルバート・アナスタシア等はしばしばクラブに集まっていた。

アナスタシアとの確執[編集]

マンガーノはアナスタシアら新しい世代のマフィア達には毛嫌いされていたマフィアの古いしきたりにこだわるボスのうちの1人であった。その結果、アナスタシアはラッキー・ルチアーノフランク・コステロそしてルイス・バカルターらとの親交を深めるようになっていった。また、マンガーノもアナスタシアの行動に対し憤慨し不信感を抱くようになっていった。2人はしばしば口論し喧嘩するようになり、仲裁に入った者達により、2人は引き離されていた。おそらく、体力的な差でアナスタシアに敵わなかった年上のマンガーノを守るためだったと思われる。

失踪[編集]

マンガーノとアナスタシアは決定的な決裂に至るまで20年間を共に行動してきたが、マンガーノはアナスタシアの手により最期を迎えることになった。またはそう信じられている。

1951年、アナスタシアはマンガーノが自分の殺害を企てていると耳にし、自己防衛の為に先手を打つ事にした。1951年4月19日ブルックリンのシープヘッド湾近くでフィリップ・マンガーノが殺されているのを発見された。そして、同日ヴィンセント・マンガーノも跡形も無く消え去った。その後も、彼の死体は発見されなかった。アナスタシアはマンガーノ殺害を決して認めようとはしなかったが、彼はマンガーノが自分を殺そうと企んでいたと主張し、それをフランク・コステロが援護したことにより、他のファミリーのボス達を説得することに成功した。そうして、アナスタシアはマンガーノ・ファミリーの新しいボスとして認められた。

外部リンク[編集]